★(456) ファミリー・イメージを損なわせるな・・This would downgrade the family image we wanted to create for McDonald's.
<< ★(457) フランチャイズ・リアルティ社は、投資としてカネを正しく使うことの最高の事例だった・・Franchise Realty was a supreme example of a guy putting his money where his mouth is.< | >★(455) 他社のフランチャイズが陥りがちな信頼関係の問題を遠ざけた・・Avoid the anti-trust problems some other franchise operations got into. >>
  • (2020-06-15 06:59:06)

This would downgrade the family image we wanted to create for McDonald's.

-


酒場みたいにしないという覚悟


レイは、早い段階で「サプライヤービジネスはしない」と決心していると同時に、フランチャイジーが、ジュークボックスやゲーム機を設置することを断固として容認しなかった。

Another judgement that I made early in the game and enforced through the years was that there would be no pay telephones, no juke boxes, no vending machine of any kind in McDonald's restaurants. Many times operators have been tempted by the side income some of theses machines offer, and they have questioned my decision. But I've stood firm. All of those things create unproductive traffic in a store and encourage loitering that can disrupt your customers. This would downgrade the family image we wanted to create for McDonald's. Furthermore in some areas the vending machines were controlled by the crime syndicate, and I wanted no part of that.


副収入の魅力を抑えて断行


ゲーム機などの設置は、副収入を得る点で、誘惑がある。しかし、レイは、いっさい認めていない。

オペレーターから強い要望がでても「But I've stood firm」(断固拒否した、揺らがなかった)という自信に満ちていた。

マクドナルドはファミリー向けのイメージをかたくなに守ることを至上とした。

ゲーム機など認めていたら、間違いなくブランドは立ち上がらないし、マックは普通の店に成り下がったはずだ。

ボクらは誠に目先の欲望に弱い。

欲望は飽食した人に取り付く脂肪のように知らないうちに静かに確実にその人を蝕む。

彼は1950年代、ブランド概念が未発達だったこの時代から、ブランドという言葉を使用することなく、ブランドの概念と手法を理解し実践していた。


なぜ子供をターゲットに?


レイは、子供たちにとって健全なイメージが重要と考えていた。

子供は子供を連れてくるし、祖父母から兄弟まで家族全員を連れてくると言っている。

ここにもしたたかな戦略がある。


日本マクドナルドの場合


この本には、日本マクドナルドのことはいっさい記載がないが、ボクは藤田田氏の本も読んだことがあるので、補足すると、日本マクドナルドも米国マクドナルド同様、「ファミリーイメージ」を重視した。

その一つのトライアルが、子供誕生会の開催と、そこでの店員による「拍手」だった。

拍手されることに慣れていない子どもたちは、相当なショックと感激を受けるらしい。

中には、涙ぐむ親さえいた。

藤田田は「こっちは、商売でやっているのだから、そんなに感激してもらっても・・」と効きすぎる効果に苦笑いといったところか。

こうして洗礼を受けた日本の子どもたちは、一生マックファンとなる。

藤田田は、ハンバーガーを食べていると、日本人はそのうち、青い目のブロンドになると言っていた。

ことあるごとにこのジョークを言う人だったが、今から思うと彼は本気でそう信じていたフシがある。

かなりふしぎな人だった。


search
layout
admin

[▲page top]