<Next | Prev>

★(188) 自分で薪を割れ・・Chop your own wood and it will warm you twice.
  • (2020-03-15 06:28:51)



Chop your own wood and it will warm you twice.

- 自分で薪を割れば、2度暖まる



ヘンリー・フォードのやり方


ヘンリー・フォードといえば、T型フォード (Model T) を生みだした起業家。

ヘンリー・フォード氏自身、技術者兼起業家、そして経営者だった。

自分で車の開発から組み立て修理まで何でもやっていた。


開拓時代からの発想


「Chop your own wood and it will warm you twice」という教訓は、実は、米国の開拓者時代から、よく言われていた米国のローカルなことわざのようだ。

が、現在ではヘンリー・フォードのコトバとして世界的に有名となった。


中小企業は少数先鋭方式


当社の場合、小さな企業なので、スタッフは多種多様な仕事をしなければならない。これがいい。

他のスタッフが何をやっているかわかるし、ミーティングをやっても、相互理解が容易なので、ディープな話し合いができるし、有益なアイデアや結論がでやすい。

逆に、これらからの中小企業は、少数先鋭でないと生き残れない気がする。


大企業のムダ


以前、大企業で働いていた頃、現場が戦略的なアイデアを出しても、技術を知らない・現場を知らない・保身しか関心がない「ないない部長」や管理職が横やりを入れてクソ・プランにねじ曲げられる光景は普通に多かった。

セクショナリズムって言うのか、同じ屋根の下の他人同士。ムダに集合した集団。烏合の衆は存続が厳しい。傾いたシャープや東芝はこの轍を踏んだのではなかろうか。


自分でやる企業文化


組織が大きくなれば、多かれ少なかれ官僚的にならざるをえないが、なるべく全スタッフが「自分でやる」という企業文化を残しながら成長できるといいのだが。


<< ★(189) 自分にあくまで正直・・Being entirely honest with oneself is a good exercise.< | >★(187) 熟考をやめて行動せよ・・Take time to deliberate, but when the time for action comes, stop thinking and go in. >>
search
layout
admin

[▲page top]