哀れな「というわけで、とにかく・・・」という脱線リスク(1)
  • (2011-02-09 06:13:00)

最終的な結論は一個に絞る


人は言い始めると、いろいろ言いたいことがあるもの。言いたいことを積み上げていると自分自身さえも「当初主張したかったこと」自体を見失う。

自分自身が迷宮入りしてどうする?

にもかかわらず、これは私が陥りやすいミス。また他人のスピーチやセミナーを聞いていてもプロの話し手さえよく陥る現象。

いろいろ言いたがる書き手・話し手。一方、聞き手・読み手はいろいろ言われることが嫌い。結論が複数あるとわかりにくいし関心も低下する。

脳は、複数の結論や結論が今ひとつはっきりしない記事や話に対して、無意識のうちに集中力を低下させるようできている。そうなると結論が与えるインパクトや印象・効果も弱い。記事の信頼性も落ちる。

つまり、記事もスピーチも価値を自ら低下させることになる。クズな記事ということだ(ただし、記事ならまだしもSEO的に意味がある。しかし、スピーチなら自分ブランドの価値を低下させた以外意味はない)。

言っている本人はグルグル、聞いている相手ももはや「心の扉を閉じて」聞き流す状態になっている。


「心の扉」が閉じられないように


ここは欲を出さずに、ターゲットを非常に狭く絞り込んでバシッと1発、単文言い切り型の結論を設定する。記事全体は、その非常に狭く絞り込まれたターゲットに至る根拠にすべき。

しかも、流れるように「リズム感」をつけた展開が心地よい。


なぜ結論は迷宮入りするのか?


2点の事実に起因しているのではないか。

(1)記事を書き始める前、話始める前の最終結論の設定に失敗している事実

(2)書き始めて思いつく内容、話し始めて思いつく内容のコントロールに失敗している事実


次回はこの部分を考えてみたい(続く・・・)

<< 修飾的なコトバが文章の最初に出がちな心理< | >「低コスト&高生産性」の時代、書き直しよりバージョンアップ >>
search
layout
admin

[▲page top]