< | >

2021年のスタート
  • (2021-01-13 12:54:07)

一年間のレビュー


今日は、2021年1月22日。

2021年も、すでにだいぶん経過しているが、今日の記事は「2021年のスタート」。

このブログを始めたのは、2019年の暮れで、ほぼ1年経過した。

目標は「1年で1,000名言アップ」だったが、1年の結果は 860件だった。

この調子で1,000まで続けたい。


ビデオは苦手


記事の方は書ける。一方、ビデオの撮影は、なかなか進まなかった。

かなりの記事にビデオによる解説を入れてみたい思っているが、今後もスピードアップできないだろう。

まずは、「カメラの前でしゃべれない」という適正の問題がある。

さらに、カメラをセットし、回して、話す、そして、編集、アップという作業がある。

手伝ってくれる人間はいないので、全部自分でやる。

とっても面倒で時間がかかる作業である。

Youtube で稼ぐ目標があれば、仕事としてやれるが、Youtuber になりたいわけでないので、モチベーションは低い。


今後の予定


とりあえず、年末から Abraham Lincoln の名言を何本か探してみた。

ちょうど米国の大統領選挙が行われたばかりで、昨日だったか、Joe Biden氏が新しい大統領に就任した。

ボクは、政治には関心が薄い。

だが、アメリカの現在の政治的混乱を見て、偉大なリーダーシップを発揮したリンカーンに関心が行く。

リンカーンは、学校の教科書にも出てくるし、誰もが知っている歴史的人物だが、小学校や中学校で習うと、むしろ、逆に本当の人物像は見えなくなる気がする。

ボクは、たまたま、次の一説を読んで、この人はおもしろいと感じた。

Abraham Lincoln once posed the question: ‘If you call a dog’s tail a leg, how many legs does it have?’and then answered his own query: ‘Four, because calling a tail a leg doesn’t make it one.’


世の中、商売は「見せ方次第」という部分がある。

そして、そういうやり方が得意な人々もいる。

たとえば、テレビ通販。なんでもない商品を、大騒ぎして消費者に売り込む人々。

人生、いろいろな経験をし、モノを見る目も肥えてくる中高年・熟年世代の人々が、あんな軽薄なショーに乗せられる現象が、ふしぎでおもしろい。


リンカーンは、本質を掴むことができる人間だ、がこの言葉を読んで感じたこと。

そして、その裏側に漂っている「自信、信念、覚悟」といった雰囲気が好きだ。

政治家にはこれが必要だし、投資家や事業家・・すべての人間が、何かを成す際に求められる態度の片鱗をボクは感じる。

もし彼のような男が、出てくれば・・と空想する。

ボクは彼の著作を読むことはないと思うが、言葉を何個か拾って、彼の偉大な覚悟に触れたい。


<< ★(862) 私は生まれつき奴隷制度が嫌いだ、これが悪くないなら、世の中に悪いことは何もない・・I am naturally anti-slavery. If slavery is not wrong, nothing is wrong.< | >★(860) 先祖がどうであれ、君は自分で成長するしかない・・You've got to do your own growing, no matter how tall your grandfather was. >>
search
layout
admin

[▲page top]