★(460) 逆境がいかに人を鍛えるか・・how adversity can strength you if you have the will to grind it out.
<< ★(461) わずか1ページだけ目を通して彼は立ち上がった・・After glancing over the single page, he stood up, and I knew the interview was over.< | >★(459) グランドデザイン方式では考えない・・I don't think in that "grand design" pattern. >>
  • (2020-07-04 16:48:39)

how adversity can strength you if you have the will to grind it out.

-



That happened to a number of sharpies who tried to spin off an operator they'd started with us in order to build a personal empire.

The situation he forced us into is a good example of how adversity can strength you if you have the will to grind it out.

・sharpy・・プロのカードプレーヤー、いかさま野郎


今日の話題はオペレータの造反。マクドナルドの成長を見て、当然、スタッフの中には、ハンバーガーショップ程度、自分にもやれるのではと勘違いする人々も現れる。

マックの場合、とくに凄い発明や凄い投資が必要なわけでなく、一見、誰でもスタートできる印象がある。そういうチャレンジは、むしろアメリカ的で歓迎されるかもしれない。

しかし、そういう人はマックにそもそも参加すべきでないし、マックの手法をタダで盗んだ後に spin off すべきではない。

まして、自分がお世話になった本家に迷惑をかけるような行為は避けるべきと思うが、そういう一人とは、不動産のリースに関して40万ドルの訴訟問題へと発展した。

レイはこのとき取引先(サプライヤー)に資金援助を受け、危機を乗り越えたが、学んだことはサプライヤーとの相互協力の重要性。レイが自信をもって言うことは

They knew we played straight.
(彼らは我々が正直なビジネスをしてきたことを知っていた)

この自信に満ちた発言に、レイの気持ちがこもる。


そして、もっとも学んだことは、この事件以降、大胆に借金をすること。

資金・カネの流れを大胆かつ潤沢にすることは、マックの成長スピードに燃料を注ぐ結果となった。

そして、金融機関からカネを借りることで、彼らもまたマックを潰せない状態、つまり運命共同体へと引きずり込むことになる。

search
layout
admin

[▲page top]