★(454) 誓って、そんな気持ちは浮かんでこなかった・・Truthfully, the idea never crossed my mind.
<< ★(455) 他社のフランチャイズが陥りがちな信頼関係の問題を遠ざけた・・Avoid the anti-trust problems some other franchise operations got into.< | >★(453) 彼らは疲れ切ったのだと思う・・ I think I'd worn them out. >>
  • (2020-06-13 08:33:54)

Truthfully, the idea never crossed my mind.

-


なぜライセンス料を払うよりコピーしなかったか?


これは多くの人が考える疑問。莫大なライセンス料を支払うより、自分でやればいいじゃんという考えは当然多くに人に浮かぶアイデア。

すごい発明があるわけでなく自分でやってもできそうに思える点が迷えるポイント。

レイは「Truthfully, never crossed my mind」(まったく考えなかった)と断言。その理由は

・完全なパッケージになっていたこと
・特殊な調理機材があって簡単にはコピーできそうでなかった
・他の設備も特殊でノウハウの固まり、ノウハウ獲得のステップ節約
・「McDonald's」というネーミングがあまりにもぴったりな響き
・協力的だったマクドナルド兄弟に対する誠意

I have often been asked why I didn’t simply copy the McDonalds brothers’ plan. They showed me the whole thing and it would have been an easy matter, seemingly to pattern a restaurant after theirs. Truthfully, the idea never crossed my mind. I saw it through the eyes of a salesman. Here was a complete package, and I could get out and talk up a storm about it. Remember, I was thinking more about prospective Mulitmixer sales than hamburgers at that point. Besides, the brothers did have some equipment that couldn't be readily copied. They had a specially fabricated aluminium griddle for one thing, and the set-up of all the rest of the equipment was in a very precise, step-saving pattern. then there was the name. I had a strong intuitive sense that the name McDonald's was exactly right. I couldn't have taken the name. But for the rest of it, I guess the real answer is that I was so naive or so honest and that it never occurred to me that I could take their idea and copy it and not pay them a red cent.

・fabricate・・組み立てて製造する


本質的な理由


コピーするよりライセンス料を払う方が成功する確率が高いという現実的な判断があったと思われる。とくに「McDonald's」という名前が欲しかったようだ。

また、マクドナルド兄弟が設備や手法を惜しみなく見せてくれたことに対する気持ちは大きい。この礼節は、本心と思われる。

コピーすればよい、盗んじゃえばよいと簡単に言う人がいるが、他人が協力的に見せてくれたものに対して「これはしめしめ」と思う人間は、起業したり事業をやろうとする人間なら、ボクは知る範囲では、ほぼいない。

そういう悪意ある人間は、まず最初から、なぜだか近寄れなくなっている。

ボクは、性善説派ではないが、ほぼすべての人が、協力的な第三者に悪意をもって接することはないと思う、ただ、付き合いが続けは、そのうち関係がこじれ悪意を抱くようになるケースは非常に多い。

レイとマクドナルド兄弟は、まさにこのプロセスをたどり破綻することになる。


目先の欲に眩まない正しい判断


人間は大きな判断をするさい、目先の欲望に目が眩むものだが、マクドナルド兄弟が構築したノウハウを正しく評価できた点がレイの運命を決したかもしれない。

もしコピーして、コピーマックを立ち上げたとしたら、レイのことだから、それはそれである程度やれたかもしれないが、IPOのチャンスまで行ったかどうか、疑わしい。

レイは、お金で時間とブランドを買い、結果的に成功した。


search
layout
admin

[▲page top]