★(352) 失敗がときとして幸運となることも・・Remember that not getting what you want is sometimes a wonderful stroke of luck.
<< ★(353) 孤独な木は、うまく成長できれば強い・・Solitary trees, if they grow at all, grow strong.< | >★(351) その人がそう思わなければ、敗北ではない・・Remember no one can make you feel inferior without your consent. >>
  • (2020-05-10 15:35:53)

Remember that not getting what you want is sometimes a wonderful stroke of luck.

- 欲しいものが手に入らないことが、逆に奇跡的な幸運となることもある


今日のコトバは「stroke」(打撃)というワードがピリっと来る、印象深いものにしている。


内容だが、大人の意見ですよね。

一つの目標や夢に対して、偏狭的にそれを追い続け、失敗した人へのコトバ。

そういう執念や情熱がないことには、人は何も成せない。

しかし、その夢だけが、人生のすべてではない場合もあるし、逆に失敗がラッキーなこともある。


ボクは中学の時、バレーボールの地域試合で他校に打ちのめされた経験がある。

たぶん、バレーボールだったと思うが、もしかしたら卓球かもしれない。

そのときの悔しさは、衝撃的で、人生の全てを失ったかのような猛烈な悔しさだった。

次はヤツらを絶対に打ち負かとかたく心に誓い、いきり立った。

結果的に次の試合はなかったし、あっても再度負けたと思う、ボクらのチームは弱かったからね。

負けた瞬間は、「すべて終わった」という喪失感が全身を覆っていたが、今から思えば、ある日のちっぽけなイベントでしかない。バレーボールだったか卓球だったかさえ、覚えていないくらいだから。

逆に、中途半端に強くて間違ってスポーツ選手になる夢など抱こうものなら、不運な人生になっていた気がする。

だから、負けてよかったし、負けることで悔しい思いをした記憶は、その後の心の糧となっただろう(たぶん)。

ボクの場合、あおの試合の敗北は、間違いなく、「a wonderful stroke of luck」だった。


search
layout
admin

[▲page top]