★(184) ピザ2枚で足りるチーム・・If you can’t feed a team with two pizzas, it’s too large.
<< ★(185) 宣伝せよ!・・Early to bed, early to rise, work like hell, and advertise.< | >★(183) 生き残る種とは・・It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent. It is the one most adaptable to change. >>
  • (2020-03-15 06:28:47)



If you can’t feed a team with two pizzas, it’s too large.

- ピザ2枚で足りる程度のサイズのチームでなければ、デカすぎ



真のインターネット勝者、Amazon


Amazonの創業者ジェフ・ベゾス氏も自宅のガレージから創業した。

AppleやGoogleのようなシリコンバレーの典型的なIT企業。

ガレージ創業という話だけだと苦労して立ち上げたイメージだが、伝記を読むと金融会社(D.E.ショー)で相当成功しており、起業資金も豊富だったようだ。

ジェフは、創業当時、「ドアの板をデスク代わりに使っていた」とインタビューなどで何度も話しているが、それは美談つくるためのマーケティング。

今のジェフ・ベゾフ氏は、合衆国政府を提訴するくらい威風堂々としているが、創業当時は、このような小手先マーケを使うのか、と微笑ましいくらいだ。


当たり前の話


今時のITベンチャーで、少数先鋭チーム以外の立ち上げ方ってないと思う。

100年前の産業革命では、次の公式で成り立っていた:

「起業」 = 「アイデア+資本+設備+労働者」


しかし、現代のインターネット革命ではこうなった:

「小規模な起業」 = 「アイデア+少人数チーム」

 または

「大規模な起業」 = 「アイデア+少人数チーム+資本」


このように、スモールビジネスなら「資本」が不要なのだ。

以前は絶対に欠かせなかった銀行も労働者も不要となった・・・銀行はつぶれるわけだ。



資本の出所も劇的に変化


資本の出所と使い方も劇的に変化した。

今までは銀行からの融資が多かったが、今時のベンチャーは、ベンチャーキャピタルからの投資が主流。

また、その資本の使い道は、昔は「設備投資をするためのオカネ」だったが、今は「世界展開を行うためのマーケティング費用」といった側面が大きい。


スモールがいいのだ!


同じITベンチャーのある創業者のコトバも好き:

There's nothing wrong with staying small. You can do big things with a small team.


具体的に何人?


2枚分のピザって、何人分だろう?

普通に考えて、2人~6人だろう。

ニッチ分野で深くオンリーワンを確立できれば、この人数で全世界マーケットを制覇できる時代、これはシリコンバレーの様々なベンチャー達が実証済み。



search
layout
admin

[▲page top]