< | >

Windows11 が出るとか
  • (2021-07-05 05:27:57)

Windows10は最終版でないの?


Windows10リリースの際「最後のWindows」という報道だったが、Windowsを廃棄するのならまだしも、そんなことはないだろうと思った。

ボクは、毎年のアップデートが事実上の「Windows11」や「Windows12」と理解していたが、今回は正式に「Windows11」としてリリースとのこと。

今から思えば、なぜ「Windows10はWindows最終版」というアナウンスをしたのかな?とMicrosoft社の意図が見えない。

Microsoft社は、今となっては「そんなアナウンスはしていない」と言っているのかもしれないが。世界レベルの「言った、言わなかった」論争を起こしてくれるよな。

この事例を見ても思うが、アナウンスすることに明確なメリットがないのなら、アナウンスはしないことに限る。

でないと、世の中は、どのように変化するかわからない、変化に対応すれば「変心」と軽蔑される。アナウンス自体が将来へのリスクとなる。


マーケティングはぬかりなく


さて、Windows11リリースのアナウンスに関して、さっそく「Windows11が出るこれだけの理由」みたいな、アナウンス撤回の正当性を朗々と解説する提灯記事がついて賑やかなことだ。

「Windows11リリース」のニュースで、最初「これは有料化か?」と予想した。しかし、ハードが条件を満たせば無料アップグレード可能だそうで・・・やはり、Microsoft社の意図はわからないと思った。


Windows11の意図は?


世間の人々の記事を読むと、Microsoftの主力ビジネスはクラウドビジネスに移行しており、Windowsの売上比率は15%程度、もはや収益的な重要性はないそうだ。

しかし、過去1年、コロナパンデミックの影響で、スマホに押されていたWindowsの販売が、新規のPC購入で再度活況を呈したようで、この波に乗れということか。

それに、全世界のCPUやPCメーカーも、この動きには興奮しているだろう。むしろ、彼らが連帯してMicrosoftを焚き付けているかもしれない。


世界人民禄の制作競争


Windows10は、ひどいスパイウエアだが、Windows11は、そのさらに上の強化版だろう。

Microsoftとしては、コロナパンデミックを機に、Windowsを再促進し、広範囲に世界人民の個人情報収集体制の強化という趣旨かもしれない。


勝者はAmazonと予想している


世界人民の個人情報は、どこで利用できるかまだ見えてこないが、カネになる情報なんだろう。

でなければ、中国企業やGoogle、Apple、Facebookなどが意欲的に収集するはずがないが、日々収集体制強化は進んでいる。

とはいえ、世界住民票の作成で質的・量的な勝者は、中国人のそれを除けば、ボクはAmazonと予想している。Amazonは信用情報を取得できるからね。


人々に愛されるOSなった方が・・


個人情報収集能力は、もはやGoogleやAmazonには勝てない、そんなことはぜずに、世界人民に愛されるOSにした方が、長期には有利なようにも感じるが・・




<< (第2世代)Fire TV で Youtube が落ちるトラブル< | >PCショップは、経営やっていけるのかな? >>
search
layout
admin

[▲page top]