Win10の第一印象は、ほぼスパイウエア

なぜWindows10?


Windows7 のサポートが1年後に切れる。セキュリティの問題を繰り返すしったかぶりが言うほどには危険がないことは、WindowsXP で証明済み。

しかし、万一何かあったとき、最新OSでないことを口実に攻撃してくる連中対策としてビジネス用PCは、Windows10 + セキュリティソフトを入れざるを得ないと考えている。

セキュリティソフトも、今では逆にスパイウエアのリスクが高く、またWindows Defenderの機能と性能アップを考えれば、不要に感じるが、こちらも入れざるを得ない。


Win10を入れてみた


まだ時間があるが、Winowds10 を PC に入れて、どんなものか評価してみた。

・・・これは「全身スパイウエア」といった印象を受けた。

個人情報の取り方が激しすぎる。


設計思想自体がおかしい


設定で制御できるが、個人情報をなんでも取るという設計思想がおかしいし、デフォルトでほとんどオン設定というのは、ひどいだろう。

オフ設定にしても取られている可能性があるし、今は取っていなくとも先々そういう構想がMicrosoft社内にはあるのでは。

個人情報よりビッグデータとして取りたいのかもしれないが、特定の個人をターゲットに、ネット活動履歴やキーイン履歴なども収集可能な状態だ。


タダで配布した理由はこれか


タダで配っていた理由はこれか!と感じた瞬間だった。

世界中の人民の個人情報得を収集するためのデバイスと化した、が第一印象。

興ざめした。

興ざめしても使わざるを得ない状況が苦しい。



  • (2018-11-26 05:55:25)
<< GoogleやMicrosoftによるライフログ収集< | >フランス政府が Google をはずすそうだ >>

[▲page top]