< | >

悩ましいCMSの選択#1 URLの変化に苦しむ
  • (2009-12-20 10:45:21)
お気に入りCMSimpleの唯一の弱点、異様に長い意味不明のURL

-------------------------------

CMSなしにはこれからのWEB構築は不可能なように思うが、無償有償を問わずさまざまなCMS製品でこれがベスト!にまだ出会っていない。

現時点でもあまりにも多彩なCMS製品があり、評価さえできない状態。

しかも今後も新しい製品が次々に出て来るであろうし、終わりがなく常に「発展途上」「進行中」という点が楽しくも悩ましい。

現状、WEBサイトをまるまる一つのCMSでリプレイスすることはまったく考えられないが、部分部分でテーマごとに一部のコンテンツをCMS化している。

お気に入りはCMSimple。私にとって最上のCMSだが、どうしても悩ましい点がある。

それは<H>タグの内容をダイナミックにファイル名として生成する点。

・<H>タグの内容を多少なりとも変更や訂正するとファイル名が変化し、よってURLが違ってくる。リンクされている場合、リンク切れとなる。タイトルの微修正など日常茶飯事なだけに問題が大きい。

・<H>タグの内容が日本語の場合、エンコードされ意味不明の極端に長い文字列になる(よってURLも異様に長い。例:?%8E%D0%96%BC%97R%97%88)。

(※英文は「?」「&」「=」などの記号が含まれるのものエンコードされず読みやすい)

最近のGoogleは、ダイナミックに生成されたURLも読み込んでインデックス化できるそうだが、一般に検索エンジンフレンドリーではない。Yahooは特に嫌っているように見えるし、Googleもやはりインデックスされにくいように感じている。

そもそも誰かにリンクしてもらう際、異様に長いURLでは不安である。URLは短くわかりやすくすきっとありたい。

教訓:社名や住所など基本データは変化しないことがベスト。基本データをベースにしている多くの情報に影響を及ぼす。インターネットの世界ではURLは基本データ。いったん命名されたURLはなるべく変化させないように注意したい。

この記事は#1

悩ましいCMSの選択#8 自動車の乗り換え

悩ましいCMSの選択#7 今後の予定

悩ましいCMSの選択#6 選択の分かれ目

悩ましいCMSの選択#5 複雑なWEBサイト制作

悩ましいCMSの選択#4 ブログのイメージ

悩ましいCMSの選択#3 Movable Typeを試す

悩ましいCMSの選択#2 情報公開の基本姿勢

悩ましいCMSの選択#1 URLの変化に苦しむ






<< 悩ましいCMSの選択#2 情報公開の基本姿勢< | >Quick.Cms.Liteを試す >>
search
layout
admin

[▲page top]