中小企業は人を集めにくい (イメージの問題)
  • (2021-06-14 16:46:41)

html/cssコーダーを探しているが・・


フリーランスのhtml/cssコーダ-さんを探している。

たいしたコーディングをするわけでないので、あまり詳細な仕様書など求めず、ささっと書いてくれる人がいいが、そういうスキルが高くコンサル能力がある人は、なかなか当社のような小さな企業を相手してくれないものである。

性格が良くスキルが高いコーダーを見つけたら、企業は手放さないと思う。だから、そういう人は常に忙しく、手は空いていないのだ。


中小企業は「先細り」なイメージ


中小企業が、スキルが高いコーダーを集めようと、仮に高い報酬金額を提示しても、なかなか人は集まらない。継続性のある仕事はもちろん、単発の案件であっても、中小企業というだけでイメージが「先細り」なのだろう。

「この企業の仕事をしても、先は知れている」という印象を抱かれる。その点、知名度がある大企業さんは、金額が高くなくても人は集めやすい。


Dreamweaverはプロの現場では使われてないかも?


知り合いに相談したら、話がそれて、Dreamweaverの話になった。「久しぶりに聞いたな、Dreamweaver」と思った。昔は、ホームページビルダーとかDreamweaverとかよく売れていたと思う。

ボクもDreamweaverを使ってみたが、使い方を覚える方が大変だと思った。しかも、変なコードをグチャグチャ入れてくるし、無駄なコードが多い・・プロなら使わないのではないかと思った。

プロが好んで使う道具は、シンプルで、切れ味凄いものが多い。いろいろな機能てんこ盛りの機械は、いかにも素人っぽいが、ソフトウエアにも言えるかも知れない。

Dreamweaverは、現場で使われているのかな?これを使って仕事をしているコーダーさんだと、敬遠しちゃうな。これも、イメージだけの問題かもしれないが。

いろいろ、イメージはついて回るし、出会いのタイミングでのイメージ問題は影響が大きい。

<< 中小企業の採用と募集の問題< | >毎日の業務には3種類ある >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
admin

[▲page top]