帝国データバンクさんの来社
  • (2021-04-24 06:05:59)
帝国データバンクさんには、情報を渡さないようにしている。

左も右もわからなかった創業当初、帝国データバンクさんに聞かれたら、情報は出すものという常識が体内にあったようで、うかつにも渡した。

だから、彼らの記録には、当社の古い企業情報が残っているが、もはや二度と渡さない。

先日、帝国データさんから電話があり「あるクライアントから、調査依頼が来ています」と言ってきた。

訪問したいと言われたので、情報は渡さないが、「世間話ならどうぞ」、というと実際にやってきて、売上などを執拗に聞いていた。

教えなかったが。

実際に来て、社内を見渡せば、ある程度、わかるだろうし、売上データくらい自分たちで調べる手法は知らないのかと呆れた、そのプロなのに。

逆に当社は、「どこの誰が、どんな興味を抱いているのか」知りたいと迫ったが、それは他の部署の案件で、自分はわからないに一点張りだった。

帝国データバンクさんに当社情報を公開した場合、当社のメリットは何ですか?という質問に対して、「情報を出せば、必ずいいことがあるはずですよ」と思わせぶりな言い方だった。

こういう人々の「必ずいいことがある」は、自分たちにとってのいいことである。

笑わせる人々である。

ビジネスは、GIVE & TAKE だと思うが、TAKEだけでやっていくつもりらしい。



<< 銀行口座(法人) の開設は、バカにされる< | >「M&A」提案メールがよく来る >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
admin

[▲page top]