2020年、これからの時代の生活防衛
  • (2019-12-30 09:22:33)
私たちの給料は近い将来、こうなると予想している。

似たようなことを言っている人は多いが、いちおう、自分のために自分はこう考えていたという記録として。


【サラリーマンの給料】


(1) 入社時の給料は20万円。しかし、何年働いても昇級はなく20万円が延々と続く
  反面、階級昇級・能力昇級は強化される(貧富の差が拡がる)

※月給20万円の計算方法:時給1200円(ほぼ最低賃金) x 8時間 x 20日
 (2020年の年間勤務日日数=246日、20.5日/月)

※月給20万円でも、最終的にその半分は税金として消えている現実
 (認識している人は少ないけど)

(2) 2020年働き方改革関連法の施行で、各種手当は切り捨て、賞与は減額か廃止

(3) 給料だけでは暮らしていけない!という結論


【対策】


こういう対策で乗り切るつもり・・

(1) 副業を探すべし

(2) 投資を長期に行うべし

(3) 生活の中で大きな出費となるモノを削減 →

 ・車を捨ててタクシー、レンタカー、カーシュアリングにする

 ・住んでいる地域のランクを落とす住み替え

 ・持ち家は、まで買い手がある今のうちに処分

 ・生命保険、健康保険は解約すべし



とにかく日本は貧しくなる。それに対する防衛策は副業その他だと思う。

しかし、副業といったって、おいしい仕事はない。

工夫と努力が求められる。

そんな厳しい時代になったなと思う。

世界的に期待が高まるベーシックインカムは、日本では、ないだろう。



< | >衰退途上国ニッポンと年金 >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
admin

[▲page top]