★(96) 取引では、どいつがバカか探せ・・Always look for the fool in the deal. If you don’t find one, it’s you.
<< ★(97) 資金のない起業家は、楽器のない音楽家・・An entrepreneur without funding is a musician without an instrument.< | >★(95) 真実は抑圧される側にある・・Truth is on the side of the oppressed >>
  • (2020-03-15 06:27:19)

Always look for the fool in the deal. If you don’t find one, it’s you.

- 交渉では、どいつがバカか探せ、バカが見いだせないようなら、お前がそれだ


なかなか笑ってしまう名言。これは人気テレビ番組 Shark Tank(『マネーの虎』の米国版) に出演している実業家の放った一句らしい。

今日の記事では「取引」「交渉」を同じ意味で使用している。気分で使い分け。


交渉をこう見るのか!?


「あ、米国人は、取引をこんな風に見てるのか!」と私には新鮮だった。

正しくないかもしれないが、ボクはこう解釈した。

取引とは、損するヤツと得するヤツがいる、損するヤツがバカ。取引では誰がバカか確認できななければ、自分が食われているんだよ。

日本人的な発想では、取引や交渉は、双方が得するwin-win型をよしとする。

実際の取引もそういうものが多いし、米国でも同じだろう。しかし、一方で、win-winでない取引も相当多い。


ロックフェラーセンター買収では、バカが際立つ


三菱地所は、1990年にロックフェラーセンタービルを買収した。このときの交渉を取材したドキュメンタリーがNHKで放送されたことがある。タイトルは忘れたが。

交渉に参加した米国側の不動産会社の人と思うが、インタビューで「日本の交渉相手は、まるで赤子のようにウブだった」と笑みを浮かべながら話していた。

我らニッポン人の幼さよ、国際感覚の乏しさよ・・苦々しい記憶として、今でもボクの脳裏に生きている。



search
layout
admin

[▲page top]