< | >

★(916) 今、自分が何をしなければならないのか、わかっている・・I know what I have to do now, I’ve got to keep breathing because tomorrow the sun will rise. Who knows what the tide could bring?
  • (2021-05-19 05:44:45)

生き残るという強い意志がいい。

絶望的な状況に至っても、先はわからない、と心から信じられるとしたら、それは歴史を動かすに値する人間である。

前にも書いたが、石田三成が処刑される際の逸話が心に浮かぶ。

喉が渇いたので水を求めると、柿ならあると言われ、「柿は痰たんの毒になるからいらぬ」と断った。

今さら体を気づかってどうする?と軽蔑する警備兵に、「これだから小人は大志を貫けないのだ」と言ったとか。

ボクの空想は、「柿は痰たんの毒になるからいらぬ」と断ったという珍事はあったのではないかと思う。

その後の発言に関しては、三成はそれ以上話さず、沈黙したと思う、話してもムダだからね。

この逸話の後半は、後生の人々が、三成の心中を勝手に作り上げた話ではないかと思うが、共感する。

三成は、その後、あっけなく処刑されてしまう。現実は厳しい。

しかし、天下人の資格がある男だった。

日本の歴史を飾る宝の一人であるとボクは思った。




I know what I have to do now, I’ve got to keep breathing because tomorrow the sun will rise. Who knows what the tide could bring?

-





<< ★(917) 他人がただ夢見るしかないことを、私は実際にやっている・・I now do what other people only dream.< | >★(915) 悪人の悪行より、善人の沈黙と無関心の方が悲惨である・・History will have to record that the greatest tragedy of this period of social transition was not the vitriolic words and the violent actions of the bad people, but the appalling silence and indifference of the good people. >>
search
layout
admin

[▲page top]