< | >

★(521) 小さな肉体に、ときとして偉大な精神が宿る・・A little body often harbours a great soul.
  • (2020-09-16 08:27:00)

A little body often harbours a great soul.

-


ボクは身長があるので、身長で悩んだことはないが、細いので、海外に行くと、体格でバカにされることがある。

露骨な軽蔑はあまりされないものの、心中そう思われていると思う。

これは露骨な一例だが、ローマを歩いているとき、ローマ軍の格好をした何かのエキストラらしき人の前を通ったとき、突然、そいつに腕を捕まれて、指を振りながら「Body-building」と言われた。

とっさのことで呆然、一瞬スキをつかれた格好だが、すぐに悟り、腕を振り払って日本語で「ほっとけ」と言った。

その後、しばらく「余計なお世話だ」とぶつぶつ言いながら歩いた。

あと、ボクが好きな作曲家ラヴェル(「ボレロ」が有名)は、背が低かった。彼はそれを気にしており、家具を少し低めに作っていたという。

来客があったとき、相対的に自分が高く見えるようにだ。

・・かように人間というのは、顔や身体の優劣やサイズを心底気にする。

しかし、「A little body often harbours a great soul」の事例は、どの時代も、どの国でも事欠かない。

逆に肉体が小さい人間は、それをバネに、偉大な自分をへと成長させる人もいるのだろう。

grow great in his soul.

<< ★(522) 半端な知識はケガの元・・A little learning is a dangerous thing.< | >★(520) 真実が靴を履きかけた頃、ウソは世界の半分を回っている・・A lie can be halfway around the world before the truth gets its boots on. >>
search
layout
admin

[▲page top]