★(380) 世界はお花畑ではない、いかに激しく打ちのめされても前進し続けるかだ・・The world ain't all sunshine and rainbows. It is about how hard you can get hit and keep moving forward, how much you can take and keep moving forward. That's how winning is done.
<< ★(381) 行く価値がある場所には近道などない・・There are no shortcuts to any place worth going.< | >★(379) アイデアの価値とはその実行にある・・The value of an idea lies in the using of it. >>
  • (2020-05-10 15:36:21)

The world ain't all sunshine and rainbows. It is about how hard you can get hit and keep moving forward, how much you can take and keep moving forward. That's how winning is done.

-


これはプロ・ボクサーのコトバ。

「get hit and keep moving forward」の意味がわかる。

「how much you can take」の部分は、リスクや責任を取るという意味だろうか。


ところで、「forward」の発音は、日本語では、後半にアクセント入れて「フォワード」と言うが、ネイティブは大分違う、カタカナで書くと前半にアクセントを置いて「フォワワード」。

また「ain't」もおもしろい。

スラングなので、ボクらのような外国人が使うことは少ないが、「is not」「am not」「have not」などの意味らしい。

主語の人称に合わせて変化しないので便利だ。


search
layout
admin

[▲page top]