NTT「@ビリング」の怪
  • (2022-04-23 10:55:00)
外部からはうかがい知れない事情はあるとは思うが・・クソとしか言えない。


「@ビリング」にロックアウトされて


NTT料金の明細は以前すべて郵送だった。

しかし、webで明細書が確認できる「@ビリング」というサービスができ、私も加入した。

10年くらい前だったかな。

ところがいつの日かパスワードを数回間違えてロックされてしまった。


ロックされたまま


それ以来ログインできなくなり、そのまま放置している。

もう2年か3年・・

ロック解除は、おそらしく手間そうに見えるのでやっていない。

NTTさんは、完全にルーチン化された役所仕事しかしないお役人様体質に近い。

一字一句間違えてはならない、半角全角の指定さえあって気が遠くなる。


画面を見ただけで絶望感


NTTのネット手続きは、結局、書類だし、ムダに個人情報をとるので、バカバカしくなり途中で投げ出したくなる。

これは、みずほ銀行のネットバンキング並で、ネット画面を見るだけで絶望感に襲われる。

ここをぐっと我慢して「ここで怒るようでは人間として未熟である、旧ソ連よりマシなはずだ」と自分に言い聞かせて進めることにしているが、まだ未熟である。


ページの構成はジャングル


NTTさんのWebサービスで感じることは、ユーザーをどのように誘導したいというポリシーが弱すぎる。

あらゆるページに無駄なページへのリンクが無ポリシーで張られており、進んでも進んでも無駄なページに行き、そして戻ってくる。

迷路かジャングルのような導線である。

かのダメダメだった日本郵便のWebでさえ、この数年で、少しよくなってきているが、NTTはまだ時間がかかるようだ、明確なポリシーも持った強いリーダーがいないのだろう。


支払い方法変更


今回、なんとクレジットカードを変更するという作業が発生してしまった。

「@ビリング」の中でできるのではと感じた・・と思うが、解除の手間を考えれば、やる気はない・・とかなんとか苦しんでいるとき、はたと「Webビリング」というサービスがあることを知る。


「Webビリング」って何?


そういえば・・以前、クレジットカード支払に変更したとき、私は「@ビリング」からではなく、別の何かから手続きをやった気がしたような・・とかすかな記憶が蘇ってきた。

調べた、そして驚いた。

似た名称で別のサービス「Webビリング」というものがある。

あれ?同じ電話番号に対して2つの明細表示サービスがあるみたいだ。

「Webビリング」と「@ビリング」と違うの?と思った。


似たサービスを別会社が平行して提供する怪


検索するとこういうことらしい:

「@ビリング」は、NTT東日本
 のWEB明細サービス → 料金明細の表示
 https://www.billing.ntt-east.co.jp/

「Webビリング」は、NTTファイナンス
 のWEB明細サービス → 料金明細の表示と各種手続き
 https://www.ntt-finance.co.jp/billing/index.html


はっきりいって「@ビリング」は不要では?


な~んにもできない「@ビリング」


ここまで調べてわかったことだが、「@ビリング」は本当に料金明細を表示するだけで、それ以外は何もできないようだ。

たとえば、電話回線の新規申込みとか、支払に使用しているクレジットカードの変更とか。

な~んにもできないのである。

(使用料金の表示だけしかできないサービス・・ロックするほど厳しいセキュリティ必要?必要があるとはどうしても思えないが・・)

だから、ロックされても影響は大きくない。

料金はクレジットや銀行から自動引き落としだし、結果としてそれらの明細で月々の金額はわかる。


不要というより有害では?


いやいや、どんなワナが隠されているか、天下のNTT様が、ムダに2つのサービスを展開するはずがない、理由があるはずであるが、調べてみたがわからなかった。

下記のような記載:
毎月のご利用料金等のお客さまへの請求は、NTTファイナンス
ご請求金額は、NTTファイナンス提供の「Webビリング」よりご確認ください


・・やはり「@ビリング」は不要なようだ、少なくとも自分の場合。

もしかしたら何らかの事情で「@ビリング」しかサービスに加入できない人もいるのかもしれない。

しかし、仮に似たようなサービスで似た名称のサービスをムダに複数立ち上げていれば、ユーザーを迷わせるだけでムダというより有害である。


大企業さんのネットサービスはヤバい会社多い


みずほい銀行と同じくらいヤバいネットサービスに感動した2時間であった。

中の人が無能というわけでなく、組織的にデッドロックしているのではないだろうか。

これが日本の今の現実か。



<< HTML編集 OGPの対応方針< | >Gmail、SPFレコード不備で巨大バナー警告 >>
search
layout
admin

[▲page top]