プリンタ HL-L2375DW が品薄のようだ
  • (2022-02-08 05:39:15)
Brotherのエントリーモデルを愛用している。これが小さく軽く、最高のコストパフォーマンスで、使いやすくて耐久性がある。

少し上の上位モデルは、でかく重く、能力的にはエントリーモデルとの差は感じられなかった。一番の不満は印刷速度、20枚くらい打ち出すと、エントリーモデルと同じく遅くなる。

コンビニに置いてある冷蔵庫のようなでかいモデルだと遅くならずに数百枚連続打ち出しできるのだろうか、そういうモデルは大企業さん用で場所も取るし、メンテナンス費用などもかかる。

現在使用中の2360、2370は、いずれも問題なく動作しているが、とくに2台の2360は4~5年使用していると思う。古い機種は壊れる前に交換するようにしている。

交換しようと思いつつ、問題なく稼働していると、ついつい先延ばしになって1年か2年経過するが、このところ仕事の方が静かなので、このタイミングで、2台の2375を注文した。

2375は、ドラムとトナーが使用中の2370と共通であること。同じ機種もしくは部品や消耗品が共通した機種は効率性とバックアップの点で有利。

1月中旬に発注し、数日前に来た。半月以上の納期で、こんなに時間がかかったことはない。世界的なコンテナ船不足で、モノの流通が止まっているのだろう。

通常、Brotherのモデルは、ショップ側で豊富な在庫を抱えているが、今回はどこのショップも品薄で、長期の納期待ちをアナウンスしているショップが多かった。

コンテナ不足で在庫切れなのか、それともBrotherさんが、モデルチェンジのため生産を絞っているのか不明だったが、新モデルの発表はないため、品薄だけが続いている感じ。

この現象はオークションにも出ていて、オークションでもモノの出品が少ない。こういうメカ物は、中古で買うことはあまりしないが、たまに新同や未使用品もでるので調べていた。



<< プリンタ HL-L2375DW のセットアップ< | >win10、21H2アップデート >>
search
layout
admin

[▲page top]