< | >

SSLサーバ証明書の変更のタイミングが微妙
  • (2021-12-21 11:06:30)

SSLサーバ証明書の有効期限切れ


ロリポップさんで、有料版である「PRO版」を試して、期限切れのタイミングで、無料版の Let's Encrypt に戻ろうとしてハマった記録。

SSL証明書の有効期限は、何月何日だけでなく、何時何分何秒まで正確に指定されているが、本当にその時刻で、証明書は効力を失うことを今回はじめて体験した。

その時刻が過ぎると、一斉にブラウザでの表示が困難となった。今時のブラウザは、SSL化されていないWebサイトはアクセス拒否するようになっている。


証明書が失効しても契約は継続中?・・どういうこと??


今回の場合、その日時に失効することはわかっており、失効後即座に Let's Encrypt を設定すれば、まあ、途絶えることなくWebは表示されると思っていた。

しかし、実際は違った。

SSL証明書の失効後も、PRO契約は継続しており、そのため Let's Encrypt を設定することができなかった。それではと、PRO契約を再度更新しようとしたが、こちらもできない。

サポートに電話して聞いてみると、なんと、失効後、契約解除に数日間を要すると言われた。

「そうなの? なぜ?」と思った。


センター側で即時契約解除してもらう


SSL証明書は、失効すれば、即時効力を失うが、その契約は、その後も数日続くため、数日間、自動更新以外の新規更新も、新しい契約も、他のSSL証明書への乗り換えもできないことになる。

この空白の時間は、中断できないWebサイトだと微妙な話だな~と感じた。

サポートさんに対策はないのか聞いてみると、即時契約解除の手配をしてくれた。そして、その2時間後くらいに契約は完全解除され、Webサービスが止まった時間は数時間で済んだ。

センター側でマニュアルで契約解除はできるようだ。

SSL証明書の失効と同時に契約解除もされるほうが理にかなっていると思うが、同時の契約解除ができない理由は、よくわからない。何か事情があるのだろう。




<< Android TVにキーボードはつなげられるのか?< | >移管後のドメイン行方不明事件 >>
search
layout
admin

[▲page top]