< | >

ownCloud で自前のストレージサーバ
  • (2021-02-25 18:09:39)

お世話になったストレージ・サービス


昔は「ファイル転送サービス」とか呼んでいたが、今は「オンラインストレージ」「クラウドストレージ」が一般的な呼び方か。

「ファイルホスティング」とも呼ばれているとか、wikiに書いてあった。

いろいろなサービス会社があり、お世話になってきた。

この辺は、古いがファイル転送サービス、私のイチオシ BitSendで書いた。


BitSend


私のお気に入りは「BitSend」さんだったが、あまりにもユーザーファーストなサービスで、運営が立ちゆかなかったのか、ある日、なくなっていた。


firestorage


その後は、「firestorage」さんを利用してきた。


MEGA


数年前からは、「mega.nz」(オンラインストレージMEGA)さんも利用させてもらっている。


ownCloud


上記サービスは、すべて無料であり、感謝こそすれ、不満はなかったが、セキュリティ的に、やはり心配だった。

ファイルはきちんと削除してくれているのかとか、転用されていないかとか。

その心配は、DorpBox に対しても抱いているので、こちらも最近は使用しなくなった。

そんなわけで、自前でオンラインストレージを持ちたいと思っていたら、「ownCloud」をロリポップがサービスしてくれていた。


ownCloudインストール方法


ロリポップ管理画面 → サイト作成ツール → ownCloud簡単インストール

ボタンを押すだけである。

2分で完了・・え?これだけ、と驚くほど簡単だった。

ownCloudは MySQL を使用する (何に使うのかな? ユーザ管理やリンク管理かな、作成しては廃棄するを繰り返す情報の扱いはデータベースが便利である)。

このデータベース設置もインストールボタンに含まれていた。

ありがたいインストールサービスだった。

(考えなくていいのは快適だが、こう簡単だと記憶にも残らず、いいことばかりでもない)


クライアントソフトのインストール


ロリポップのownCloudは、サーバ側サービスのインストールであり、ユーザーPCと同期してくれるクライアントソフトも ownCloud提供されている。

クライアントソフトは、ロリポップでなく、ownCloudサイトからダウンロードできる。

Download
Desktop App

今時のソフトは「ソフト」と呼ばない。

「アプリ (App)」という呼び名が一般的なようだ。

こういうたぐいのソフトは、昔は「クライアントソフト」だったが、今は「デスクトップアプリ」の呼び名に変わった。

これもスマホ時代のトレンドか。


MEGAの「MEGAsync」のフォルダーを転用


MEGAは、Webベースのサービスだが、デスクトップアプリとして「MEGAsync」も提供されている。

こちらで作成されたフォルダーをそのまま ownCloud デスクトップアプリのフォルダーに指定すると、移行も非常に簡単であった。


ownCloud 注意点


ownCloudへのアクセス方法は:

(1) デスクトップアプリ
(2) ブラウザ
(3) ftp

このうち ftp でファイル名の変更や削除を行うと、他のアクセスとの整合性が壊れるようだ。

また、ファイル名に使えないモノがあるかもしれない。たとえば、括弧「()」は、もしかしたら、おかしくなるかもしれない。


感謝


以上、もろもろ、いろいろな企業様の秀逸なサービスとアプリに感謝の言葉しかない。

感謝して使用させてもらう。


<< ルール違反メアドに対するドコモの立派な説明< | >ロリポップ:sshを使ってみた >>
search
layout
admin

[▲page top]