< | >

年末年始は、PCバックアップと電源オフ
  • (2020-12-27 09:16:50)

システム担当不在を狙ったサイバー攻撃


年末年始は、長い日数、多くの企業で休暇状態となる。

そうすると、システム担当者もいなくなる可能性が高いので、そこを狙ってサイバー攻撃をしかけてくる人々がいる。

ほとんど個人か仲間数人によるゲームとして、もしくは組織的な犯罪行為として、あるいは、軍事的野望を抱く国家組織もある。

我らのような小企業が、犯罪組織以上の組織から攻撃を受けることは、皆無だが、個人レベルの連中からなら、攻撃を受ける可能性がある。


個人レベルの攻撃力は低いが、数が多い


個人レベル・ゲーム感覚の連中の腕は低い。

恐るるような連中でない。しかし、問題は、数が多いこと。

全世界の低レベル攻撃者は無数にいて、そいつらが不特定多数のシステムに、機械的に、絶え間なく、かつ無差別に波状攻撃してくる点。

下手な鉄砲、数打ちゃ当たる方式で、やられることもある。


苦い体験


ボクの場合、10年くらい前、お正月休みに、一度ウイルスの侵入と活動を許し、HDDが一台ダメになった苦い体験がある。

だから、やはり、カラダが覚えていて、年末年始は慎重になる。

ボクのオススメは、PCやサーバー、ネット機器の原電は可能な限り、落としておくことだ。


365日稼働という常識が、そもそもリスク


「無人で24時間・365日稼働している」という状況自体がリスクである。

そういう常識を作らせないことも、将来にわたるリスク対策となる。


当社の対策


当社の対策はこれ:

(1) 休暇前のデータバックアップ

(2) 休暇中のサーバーやPC、ルータなどの通信機器の電源オフ

(3) クラウドやリモート、VPNなど外部につながるネットワークを止める


たとえば、必要なければ、Dropboxの自動起動なども解除しておく。

10年前のウイルス騒動では、PC一台の感染で、Dropbox経由で感染拡大するリスクがあって、汗が出た。



<< 2つのcssファイルのマージ< | >マスターディスクから業務用&個人用PC展開 >>
search
layout
admin

[▲page top]