< | >

ドライバーがデカすぎるBuffalo USB LANアダプター
  • (2020-02-25 16:41:16)
PCのEtherポートがおかしい、たまにファイルサーバにアクセスできなくなる。

インターネットの利用は問題ない。何が悪いのかわからないので、USBタイプのLANアダプターを購入して現象が変化するか見ることにした。

購入したものは、Buffalo USB LANアダプター LUA4-U3。

商品にドライバーは添付されていない。

ドライバーなどはダウンロードする方式になったか。今までのようにCDなどで配布する方式はムダにゴミを増やす結果になるから賛成だ。

で、Baffaloのサイトに行くと「LUA Navigator」をダウンロードせよ、とあった。なんと110MBだった。

100MBもあるドライバー?

インストールしてみると、デバイスマネージャーには、下記のように表示された:

ASIX AX88179 USB 3.0 to Gigabit Ethernet Adapter

中身は、ASIX社のLANアダプターということか。

ASIX社のページから、こちらのドライバーをダウンロードすると、なんと「40kb」。

Baffaloの3000分の1。

うー、この差が凄い。今は、ネットのスピードも早いし、PCのHDDの容量もすごいので、100MBや200MBでも影響はないが、こういうムダに大きなファイルって、あとあと問題だ。

Baffaloには、どんなファイルが含まれているか見てみると、マニュアルを読むためのPDF関連のファイルが70MBもある。いまさら、PDFリーダなんか同梱しなくても・・・

面倒な客から問い合わせ来ないように、なんでもかんでも入れている感じだ。


<< ATOK リフレッシュナビは、キーロガー?< | >Win10 で ATOK2011 >>
search
layout
admin

[▲page top]