Beckyフォルダのナゾ
  • (2019-01-18 17:03:17)

安定しているBecky


Beckyは、長年使用しているメールソフト。昔は熱狂的なファンが多くメールソフトといえば、これだった。

現在は、LINEのようなメッセージアプリ(チャットアプリ)が、メッセージングの主流となり、メール自体が、あまり使われなくなったのだろう。

Beckyファンも以前ほど多くはないようだ。

しかし、ある程度、まとまった情報をやり取りし、保管し、再利用する必要があるビジネスでは、メールは依然重要で、多彩なメールソフトがまだまだ健在だ。

そんな多彩なメールソフトの中で、私の好みは、今でもBeckyかな。私のBeckyのファイルサイズは5GBにもなっている。

それでもサクサク動く。その理由はよくわからない。それだけ開発者の設計思想が優れていたのではないだろう。


引っ越しも簡単


私は、頻繁にPCを変えるので、中身の引っ越しも頻繁に行う。

Beckyの引っ越しはとっても簡単で、

(1) 新PCでBeckyをインストール
(2) 旧PCでBeckyフォルダを丸ごとコピーして、新PCにペースト
(3) 旧PCのレジストリから[RimArts]部分をエクスポートし、新PCでインポート

トラブルは、ほぼ発生せず、長年使用し重く複雑にデータが積み上がっても問題なく動作する。それでBeckyの中身に関しては、本当に無関心であっても問題ない。


Beckyデータフォルダの分割


私は、何年か前に、ファイルサイズが大きくなりすぎたBeckyのデータフォルダの中身を2分割して、2つのフォルダで運営するようになった。

C:\becky!\new
C:\becky!\old

「new」は現在メインで使用しているメール
「old」は、すでに使っていないが、記録として残しているメール

普通にBeckyを起動すると、メインのデータフォルダからデータを読み出す。


古いデータでBeckyを起動


古いデータを読みたい場合は、起動時に読み込みたいデータフォルダを明示的に指定すればできる。たとえば、

C:\becky!\B2.exe /F C:\becky!\old


メールボックフォルダのナゾのネーミング


受信データや送信データは「xxxxxxxx.mb」というフォルダに保管される。

これは、「メールボックス」を「新規作成」するたびに自動的に作成されるフォルダで、アカウント(メールアドレス)ごとに存在する。

このフォルダの命名方法の趣旨はわからないが、たとえば、こんな感じ:

5bf23456.mb


メアドとフォルダの紐付け


メールアドレスとアカウントの紐付けは「Mailbox.ini」というテキストファイルで行われているようだ。

このメールボックスフォルダの名前を、メールアドレスかアカウント名で命名してくれると、わかりやすいのに、と思い、試しにアカウント名に変更してみたら、なんとそのまま動作して驚いた。

「Mailbox.ini」へ記載は不要のようだ。


「Folder.lst」は自動更新される


では、どこでメールアドレスと実際のデータが格納されているフォルダは、紐付けされているのか、本日、2時間位調べ回ったが、ついにわからなかった。

わからなくてもBeckyの運用には問題ないが気になる。

諦めたが、もしかしたらメールボックスの表示順位をリスト化していると思われる「Folder.lst」というテキストファイで行われているのかもしれない。


Becky!間でメールフォルダを移動しても自動認識


ここで言う「メールフォルダ」とは、「メールボックスフォルダ」のこと。

Beckyフォルダを独立して複数に分けている場合、その中にふくまれる「メールフォルダ」を移動すると、言った先で、そのフォルダは自動認識され、また「Folder.lst」も自動更新される。

なんて便利!


<< タスクスケジューラによるDropboxの起動・終了< | >Google日本語、辞書登録ショートカット >>

[▲page top]