FFFTPでパーミッションの一括変換
  • (2014-02-15 07:46:16)


FFFTPとFileZilla



FFFTPは、使い勝手がよくて本当に洗練されているftpソフトの定番。唯一の弱点は、大量のファイルの転送でコネクションが落ちやすい点か。

その点でFileZillaはパワフルで頼もしい。しかし、使い勝手はFFFTPがいいような。結局、FFFTPとFileZillaを合わせて使っている。

大がかり作業でパーミションがリセットされた場合



最近とくにFFFTPがありがたかったのは、パーミッションの一括変換。

カートを乗り換える作業でWebの全ファイルを一括変換して一括アップロードしたら、cgiのパーミションがリセットされたようで、cgiが全滅しており驚かされた。

拡張子ごとにパーミション設定可能なFFFTP



FileZillaもできないことはないが、設定の範囲が「ディレクトリ」と「ファイル」の2種類。ファイルが実行ファイルかデータファイルかなどは区別できない。

一方、FFFTPは、アップロード時にファイルの拡張子ごとにパーミションを設定できる。

ロリポップのパーミション推奨値



たとえば、ロリポップではパーミッション「777」を認めておらず、下記のパーミションを推奨している:

・HTML・画像ファイル 604

・CGIの実行ファイル 700 ←

・CGIのデータファイル600

・.htaccessファイル 604

・ディレクトリ 705

「pl」「cgi」「php」などの拡張子ごとにパーミション番号を設定できると一括変更ができる。FFFTP感謝さまさま・・・

※FFFTPの設定方法:

「オプション」 → 「転送3」 → 「追加」で「*.pl」「*.cgi」「 *.php」の属性を「700」のように設定






<< 電話ヘッドセットの代用としてPC用ヘッドセット< | >PCも携帯電話も使える「mailto:」タグ >>
search
layout
admin

[▲page top]