(2021年) Google Ads広告は意味あるか?
  • (2021-03-29 12:56:49)

広告と相性がよい商品は限られている


Google Adsで宣伝している。

確かにクリックする人はいる。

しかし、売上に繋がるか?

ダイレクトな購入は、第一に商材の種類に依存する。

ダイレクトな購入になりうる商品でなければ、その時点で、すでに広告との相性は低い。


広告は、すでに死んでいる


ブランド名や商品名の認知のための広告?・・ないことはないが、エンゲージメントはほぼない、費用対効果の効率からすれば、あまり意味がない。

近年の広告は、一部の商品を除き、すべてのメディアにおいて、広告行為自体が、非効率的な販売手法になりつつあると感じている。

昭和の根性営業スタイルが滅んだように、通常メディアにおける伝統的な広告も先がしれた運命だろう。


なぜ広告はダメなのか?


一つには、生活の中にも、ネットの中にも広告が多すぎる、洪水のように多すぎる、そして、その結果、人々に嫌われている。

たとえば、広告に埋もれたFacebookを見て、Facebook自体の継続する意思をなくすユーザーは多い。

もう一つは、SNSが、間接的に、広告のウソさ加減を目立たせることになった。

現代人は、広告にリアリティを感じない。


ボクが Ads をまだやっている理由


ボクは、それでも毎日多少、少しだけ広告をGoogle様に出稿している。

その理由は、

(1) Google様のご機嫌取り(カネを払う客は大切)

(2) 宣伝のコピーライティングの訓練



<< 経営のプロ?< | >(2020年) 根性営業、そろそろ止めません? >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
admin

[▲page top]