相当なライターも陥りがちな「心の発露」

陥りがちな不幸


記事を書くときに多くの人が、陥りがちな不幸が「心の発露」。

これが露骨にでている記事は、本人による本人のための自己満足、自己完結型作品であり、自分の心理的満足以外、まるで意味がない。

日記など精神的健康のためのライティングなら意味があるが、それは日記内だけにとどめよう。


プロのライティング


「心の発露」は、第一に避けるべきライティングの心構え。

目的が明確でない記事は、プロの仕事とは言えない。

  • (2018-03-01 05:38:10)







Back to the Future