「ゆうびん 再配達」ページ
日本郵便の再配達依頼ページ。これがなかなかしびれる作りなので記録。

https://trackings.post.japanpost.jp/delivery/deli/

民間なら、追跡番号と再配達希望日の最短2情報で完了するが、日本郵便は 6個:

(1) 郵便番号    (追跡番号に入れてほしい)
(2) 追跡番号
(3) 不在票の投函日 (追跡番号に入れてほしい)
(4) 郵便物種類番号 (追跡番号に入れてほしい)
(5) 配達先
(6) 配達希望日


この中で一番わかりにくいのが「(4) 郵便物種類番号」。

実際のページを見ると「追跡番号(お問い合わせ番号) Notice Number」と「お知らせ番号 Notice Number」というセクションに分かれていて、選択肢は30程度、自分の郵便物がどれなのか、さっぱりわからない。

不在票には、配達員さんが郵便物種類番号 を手書きで記入してくれているが、私のものは「D3」(後で判明したが、不在票も数種類あってまちがった不在票が使われたようだ。「03」かもしれない。手書き文字なので解釈に幅あり)。

不在票には「D3」の解説がないので意味は不明。一方、ネットの方はこういう記号でなく「定形外」とか「書留」など。照合もできない。

仕方ないので郵便物種類は「不明」という選択肢を選ぶと、事務所への転送などできなくなるなど制限がかかるようだ。

郵便物種類によって、配達方法に制限が発生するのだろう。そのために設定された項目と推測されるが、こういう情報は、ユーザーに入力させるのではなく、追跡番号に入れておけば親切だし間違えない。

ついでに「郵便番号」や「不在票が投函された日」がなぜ必要か不明だが、必要ならこちらも追跡番号に入れればよいのにと思う。いろいろ事情ありなんだろう。


  • (2018-05-16 09:41:19)
< | >法務局の「登記ねっと」を試した >>
search
layout
category
links
admin

[▲page top]