タッチタイピングで視線を文章作成に集中で高生産性
  • (2011-02-14 06:34:30)
私はタッチタイピングができない。

※昔は「タッチタイピング」のことを「ブラインドタッチ」(和製英語)と言っていたが、現在ではタッチタイピングが種週だそうだ(wiki)

これがかなり時間ロスになっていることは昔から感じていた。

キーをたたくスピードはもちろんキーワードを見ていた方が速いが、打ち間違いに気づかないので誤字脱字意味不明文字の混入が多い、結果的に


・見直し・読み直し
・訂正・修正

という時間が多くかかる。

タッチタイピングは必須と心しているが、一向に・・・

<< 長文になりがちなクセを直す、頭の中のリスト化< | >修飾的なコトバが文章の最初に出がちな心理 >>
search
layout
admin

[▲page top]