< | >

なぜ印刷物に「QRコード」なのか?
  • (2021-04-03 17:57:58)

QRコード作成サービス


シーマンさんで作ることが多い。


QRコードと印刷物の相性のよさ


先日の投稿 アクセス数集計付き「QR作成」サービス の続編。

QRコードが社会的に普及したので、ユーザーさんは比較的簡単にスキャンしてくれる。


Webに誘導するメリット


Webに誘導するメリットは多大である。

パンフやカタログで変化が激しい情報は、詳細を記載したくない。

モノ(印刷物)にすれば、変更が効かないし、印刷コストがかかる。

さらに労力の問題がある。


労力の問題


モノ(印刷物)にするためには、版下用のデータを作成し、それを印刷会社に入校する必要がある。料金を入金し、納品されることを待つ。

いったん納品されたら、それを保管し、在庫切れを起こさないよう適切に管理する必要があるし、保管場所も必要。

「紙」は一般の人が考えているよりも、かなり重い。印刷するということは、コスト・労力・時間なのだ。

さらに、配布しきれず不要になり廃棄する際は、業者を手配するなど、これまた大きな負担である。廃棄は、環境への無駄な負担でもある。


印刷物のデメリットのまとめ


紙そのものが、デジタル時代では不利な遺産である。

(1) 変更できない
(2) コストがかかる
(3) データ制作と入校作業
(4) 納品までの納期
(5) 保管場所と保管管理
(6) 廃棄の労力とコスト
(7) 紙とインクのムダ消費 = 環境的な問題


しかし、紙で見たい人は多い


とはいえ、スマホやPCだけでは、人は疲れるのだ。だから、印刷物がなくなることはない。しかし、今までのように、すべてが印刷物である必要はない。

コスト・労力・時間・環境を守るするために、印刷物にすべきものを戦略敵に精査する時代に来ている。

日本では、そういう意識がまだ低い。意識して改善したい。

<< 白インクのQRコードは可能か?< | >JUGEMが唐突に売却された >>
search
layout
admin

[▲page top]