< | >

メール到達率の悪さ、改善プラン
  • (2020-10-29 16:44:27)
携帯キャリア、とくにdocomoへのメール到達率の悪さをどうすればよいか、で模索中。


ドコモ:ユーザーにあきらめさせる戦略


docomoへのメールは、連続して数人の人に送るだけで拒絶される。

拒絶の条件は、公開されていない。

ムダとは思ったが、docomoさんに問い合わせてみた。

予想どおり、木で鼻を括るような返事が来た。

「このページを見よ」という返事だったが、そこには実質的なことは何にも書かれていない。

docomoに問い合わせてもムダだ、と思わせることを意図しているような、役人風対応は未だ健在である。


独自のブロックルール


しかたなく、条件を変えながらテストをすると、同じIPから続けて、2回以上メールを送信するとエラーになる。

どのサーバーから送信してもそうなるというわけでなく、docomoは、docomo独自の「ドメイン・レピュテーション」や「IPレピュテーション」を持っているようだ。

仕方なく、複数のdocomo宛てメールは、連続送信せず、40秒くらい間隔を開けて送っているが、これでも半数くらいエラーとなる。


IPレピュテーション


使用中のレンサバはロリポップ。

ロリポップは、ポリシーが緩くて、なんでもやれるところがよい。安いし速いし、いろいろ言う人がいるが、私は気に入っている。

ただ、一点残念なところが、NSサーバの設定変更ができない点。

今時、SPF設定はしないとメールの到達率は悲惨である。

(※後日、ロリポップNSのtxt設定に、SPF設定に含まれるようになっていた。こっそりやってくれた印象だ、こっそりでも何でも、やってくれてありがとう!)

ロリポップは安くて速いので、ユーザーも多い。

そのためスパムを流している連中も当然多いわけで、ロリポップのMXサーバーは、良い評価はされていない可能性が非常にありうる。


ブラックリストに登録されてはいないが


「IPレピュテーション」を公開しているサービスは世界中にいろいろある。

私がチェックした範囲では、ロリポップのサーバー群がブラックリストに登録されていることは見たことはない。

(※この記事を書いた数日後、spamhausに登録されたところを目撃、解除申請されたのか数日でブラックリストから消えた、こんな感じでたまにやられているのかもしれない)

しかし、可能性として、多種多様なユーザーでひしめき合うロリポップなどの安価なレンサバベンダーの「IPレピュテーション」は、概して高くないだろう。

そこで、せめてSPF設定を行いたいが、ロリポップだけではできない。


せめてSPF設定はしたい


ロリポップとしては、独自ドメインは「ムームードメイン」で取得して欲しいというスタンスのようだ。

やったことはないが、ムームードメインではロリポップのNSをある程度編集可能なようだ。

私の場合、ロリポップのNSは使わずに、「お名前.com」にて独自ドメイン名を管理している。

お名前.comでは、NSの設定変更が可能。

なお、ロリポップは、自社のNSサーバ (uns01.lolipop.jp) 以外をアサインするやり方を公開していないし、推奨していないし、サポートしていない。


メール到達率改善プラン


問題対応のため、「conoha.jp」の「メールサーバ」というサービスに加入し、MXサーバのみをConoHaに移動させるアイデアを検討中。

ConoHa「メールサーバ」のメリット:

・固定IPアドレスが取得可能

・おそらく送信数制限なし(多くのレンサバは、1時間あたり数百通など制限あり)

・SPF、DKIM、DMARC設定可能

※ただし、「固定IP」といっても多数の人と共有される「共有IPアドレス」だろう。


ConoHaの「メールサーバ」サービス


ConoHaでは、SPF、DKIMの設定が非常に簡単である。

ロリポップは、技術的にはSPF設定が可能ながら、公にはやり方を公開していない。

さらにDKIMにいたっては、そもそもサポートしていない。

そういう点で、ConoHaは魅力的である。

ただ、自分がテストした範囲では、ConoHa DKIMは今ひとつ効いていないようで、サポートに問い合わせたが、解決しなかった。

私は、ロリポップが好きなので、基本的にレンサバは、ロリポップを使いたいが、メール到達率が悪いし、対策方法があまりないので、MXサーバのみをConoHaするというプランである。

下記の様な構成になる:

・Webサーバ → ロリポップ
・DNSサーバ → お名前.com
・MXサーバ → ConoHa

しかし、これはこれで考え物である。


複雑なシステム構成 = リスク


システム構成を複雑にすると、トラブルの発生率は高いし、トラブル発生時には、泥沼にはまりやすい。

システムはどこまでもシンプルであるに限る。


IPレピュテーションスコア (IP Reputation)


・Cisco
https://talosintelligence.com (Cisco)

・Spamhaus
https://www.spamhaus.org/lookup/ (Spamhaus)

・BarracudaCentral
Barracuda Networks社、IP&ドメインレピュテーション
https://www.barracudacentral.org/lookups/lookup-reputation (Barracuda Reputation)

・Spamcop
https://www.spamcop.net/bl.shtml

・ReputationAuthority
WatchGuard社、レピュテーションのスコア(100点満点)メールの評価
http://reputationauthority.org/index.php

・TrustedSource
McAfe社、レピュテーションスコア
https://www.trustedsource.org/en/feedback/url

・Google Postmaster Tools
https://postmaster.google.com/u/1/managedomains


nslookupコマンド


> set type=ns (NSレコード問い合わせ)
> set type=a (Aレコード問い合わせ)
> set type=mx (MXレコード問い合わせ)
> set type=txt (TXTレコード問い合わせ)
> set type=any (すべてのレコード問い合わせ)
> server 8.8.8.8 (問い合わせ先NSをGoogleのNSに指定する)

<< ムダな仕事をした日 (WordPressとプラグイン)< | >networksolutions パスワードではまる >>
search
layout
admin

[▲page top]