< | >

完全消去が出来ないHDD、wipe-outでできた
  • (2020-09-01 09:34:48)

HDDの廃棄作業


不要HDDの廃棄作業を行った。

数本のHDDを廃棄するに当たり、すべてDBAN (Darik's Boot And Nuke) をかけて、データを完全消去・復元不可能な状態にする。

時間節約のため上書き方法は「ゼロフィルを1回、検証ナシ」でやる。

そして、適当なデータ救済ソフト(復元ソフト)で、データの片鱗が残されていないか調べて、廃棄業者に送る。


(1) DBANが効かないHDD


だいたい、DBANで問題なかったが、2本のHDDだけ、途中でエラーとなる。

違うメーカーだが、どちらも1TBのHDDである。

たぶん、エラーと思うが、素人ではわからないメッセージが画面いっぱいにはき出される。

しかし、ゼロフィル作業は継続しているようで、そのまま放置すると、やがて正常終了し、完了メッセージも成功みたいな内容である。

しかし、救済ソフトを流すと、どちらもHDDの30%くらいのところからデータが次々と発掘される。

つまりデータは途中から消えていない。おそらく、そのエラー時点からDBANが効いていない。


(2) DESTROY


上記2台のHDDは、DBANが効かないので、DESTROYを試したところ、1台は完全消去できた。

しかし、最後の1台が、途中でエラーとなる。

エラー発生で、DESTROYは、「終了するか、スキップするか?」というメッセージを出して止まる。

悪いセクターがあるのかな?と思った。

最初はスキップしたが、えんえんとスキップを繰り返すので、エラー箇所は「全スキップ」を選択すると、なんと残りすべてのセクターを次々に最後までスキップして終了した。

もしバッド・セクターだとすると、HDDの7割くらいの部分がすべてBadということ?

ありえないので困ってしまった。

数回やったが同じ現象である。

そこで、今まで使用したことはない「wipe-out」を試した。


(3) wipe-out


wipe-outにはこのように書かれている。

ハードディスク消去ツール「wipe-out」- Copyright (C) 2001-2020 by Dai ISHIJIMA

「いしじま☆だい」氏という方が開発されたアプリらしい。

学校やお役所で利用する人が多いようなことが書かれていた。

それはよいことだ、個人のHDDから情報漏洩しても大きな被害にはなりにくいが、社会的立場がある機関は、漏洩すれば社会からの突き上げを受ける。HDDは、ぜひきれいにwipeして再利用なり、廃棄なりしてほしい。

ということで、はじめての利用、感謝してダウンロードさせてもらった。

最初、最新「バージョン2.0」を使用した。

FreeBSDは起動するものの、wipe-outのアプリが、起動せずリブートを繰り返す。

そこで「バージョン1.8」に落としてみたら立ち上がった。

HDDを選択 → ゼロフィルを選択 → 3時間で1TBをwipeしてくれた。

このユーティリティがいいなと思った点は、高速検証のオプションがあること。

正しく「0」がディスク上すべてに書き込まれているか、スキップしながら20分くらいで検証してくれた。

検証結果は、100%ゼロフィル成功である。

念のため他のデータ救済ソフトで検証すると、完全にデータは失われていた。

wipe-out、気に入った。

軍事スペックのランダム書き込み数回とか、一般人には不要だし、今時の高密度HDDでは、ゼロフィルだけで、その前に書かれた残留磁気など読み取りにくいと思う。

なので、ゼロフィルをデフォルトにしている点でも、実用的なポリシーのユーティルに感じられた。

次回からは、wipe-putを先に使用することにした。


wipe-outが気に入ったもう一つの理由:SSD


SSDもwipeできる、または、できるよう対応予定とのこと、これはいい。

SSDのwipeは、バージョン2.0からできるとのことだが、私のPCでは立ち上がらないので、検証はできない。

次回試したい。



<< 大型アップデー?もう Win10 じゃないでしょ< | >【HDD全データ消去事件】 >>
search
layout
admin

[▲page top]