< | >

動画編集におけるメモリーサイズの効力
  • (2020-03-25 11:22:14)
最近、Youtubeに製品の説明動画をアップするようになり、動画編集をするようになった。

編集ソフトは別途購入したが、バカみたいにアップデートを繰り返すので、Win10同様、興ざめしている。

それよりもWin10に付属する「フォト」というソフトが、案外便利。

ほとんど機能がない代わり、シンプルで、近所のコンビニにちょこっと買いに行く感覚。

しかし、最後の書き出し部分は、100MBくらいの動画で、数分かかり、重いな~と感じている。

そこで、「Core i5」を「Core i7」に変更してみるかと考えたが、CPUの単体買いって高価なので、とりあえずメモリをサイズアップしてみた。

(1) 4MG → 8GM:劇的に速くなった

(2) 8MG → 16GM:やや速くなったが、4G → 8Gほどの感動はなし

次は、「Core i7」にしたらどうなるか見たいが、予想は大差ないだろうな。

買う気になるかどうかわからないが、買ったら、後日感想を追加したい。

<< 複数ファイルの正規表現一括変換 TextSS.net< | >ATOK リフレッシュナビは、キーロガー? >>
search
layout
admin

[▲page top]