Amazonプライムをやめた後の感想
  • (2019-07-27 17:23:08)

プライムに加入した理由とやめた理由



私がプライムに加入した理由は、Amazonプライムビデオの見放題が一番の理由。

プライムの他のサービスには特に関心はない。

しかし、Amazonプライムビデオは、広告の「見放題」とは、違った印象だった。


見放題はウソ



かなり多くの作品を見放題できることは事実。しかし、ちょっとこれを見たいと思うものを検索して探すと、100円や200円といった課金が発生する場合がある。

私が見たいものが、やや特殊だったのか。必ずしも最近の作品でない古いものでも、100円や200円だ。

100円や200円は、比較的簡単に出せるので、本当に見たいときは、支払うが、「あの『見放題』広告は、何なんだ」、という気持ちになる。

広告をちゃんと読めば、本当は見放題でない場合もありますという内容が、どこかに書かれているのだろうが、私からすれば、意図的に消費者を誤解させ誘導していると感じる。

それで年の満期のタイミングでプライムを解約した。


一手間かけさせる絶妙な力加減



プライムを解約したところで、何の問題もないと思っていたが、プライム会員でなくなった現在、Amazonで何か買おうとすると「無料でプライムを試す」とかいったボタンが出てきて、購入までワンステップ引っ張られることになった。

これが腹立たしい。目立たないように書かれた「プライムを試さない」ボタンを探して押して購入を完了する。毎回、これだ。


非力な消費者を相手に嫌がらせ



やらされる度に、Amazonへの不信感が募るし、世界のトップブランドが、非力な消費者を相手によくもこんな汚い嫌がらせができるもんだ、と呆れる。

最近は、腹立たしいので、他の通販事業者をなるべく利用するようにしているが、Amazonの品揃えは圧倒的であり、また便利であり、完全にAmazonを切り離すことはないだろう。


仕方ないか、相手は天才だから



ジェフ・ベゾフ氏には完敗だ。彼の世界を牛耳る壮大な囲い込み作戦に追い込まれた羊のようなものか、我々は。


<< 動画編集< | >Vivaldiに保存されたパスワード >>

[▲page top]