結局、win7に戻る
  • (2019-04-12 07:10:15)

画面の見づらさ


環境が変化すれば、はじめはいろいろ不満がある。しかし、数ヶ月使えば慣れるだろうと予想していた。しかし、win10には慣れなかった。

使いにくいし、画面が見づらい。私の場合、画面の見づらさが決定打。themeというファイルでの調整も今ひとつうまくいかない。

ネットを検索してもそういう人は多くないようで、私は特殊なケースかもしれない。


快適でない


win10の設計思想は、できるだけ多くの大衆を取り込もうというものなんだろう、スマホ寄りになり、素人・初心者・無垢な消費者向きとなった。

使い慣れている人間や効率性求めている人間には、この設計思想が心地悪い。無垢な消費者をごっそりまとめて管理下に置こうとするマクロソフト社の構想は偉大だとは思うが、管理される我々にはたまらん。


win7に戻る


2ヶ月使ってwin7にもどしてしまった。サポート終了までまだ一年くらいあるし、終了したらwin10にするかどうか、考えることにした。どうせ、終了後もXPのときと同じようにセキュリティ的な問題は起きないだろう。

セキュリティ的な問題の心配より、ビジネスの現場でwin7を使うことへの社会的制裁リスクの方が怖い。洗脳された人々からの攻撃も面倒だ。

だから、win10への移行は渋々やらざるを得ないと思うが、プライベートでの利用は、しばらくwin7かな。そして、次はLinuxか。


<< USBのファイル表示がヘン< | >「MS IME」 vs 「Google日本語」 >>

[▲page top]