SQLite2データのインポート&エクスポート
  • (2009-05-29 11:10:23)
SQLiteのデータをExcelで操作。一括変換も楽勝(にしたい)

-------------------------------

MySQLはハードルが高い。その点、SQLiteは軽くてローカルで動かせてログインの必要もなく愛用者が今後増えそうなデータベースエンジンに見える。

お手軽なデータベースなのでブログのデータベースエンジンとしてさりげなく使われている場合がある。このサイトもSQLiteにお世話になっている。

手軽なのに人の欲望はさらに手軽に扱いたいと思うようになる。ブログデータをブラウザー上からだけやっていると非効率的。特に過去のホームページのデータの移行時や一括変換には不向きである。

そのため、csvファイルなどで自由にインポート&エクスポート可能であれば、置換や修正など一気に一括変換などのテキスト処理した上で、データをデータベースに戻せたらどんなによかろう。

SQLiteのデータベースファイルをローカル上で、しかも簡単なアプリ上で読み書きできるようにしたい。csvファイルに落としてExcelで操作する方法やAccessのようにローカルで手軽に操作できるアプリケーションはないかと探し回る。

WindowsにSQLiteの環境を構築すれば、SQL文で操作できそうだが、これは時間が掛かる。GUIベースのツールを捜す。

・SQLite Database Browser

sqlitebrowser-1.3-win.zip

残念ながらSQLite3の対応。SQLite2は読めない。

・PupSQLite

pupsqlite.zip

残念ながらSQLite3の対応。SQLite2は読めない。

・TkSQLite

tksqlite-0.5.7-win32-bin.zip

http://reddog.s35.xrea.com/wiki/TkSQLite.html#download

行けそう。

-------------------------------

tksqlite操作手順

-------------------------------

(ブログデータをダウンロードし、tksqliteで開く。csvファイル(テキストファイル)でエクスポートし一括編集してインポート。そのデータを再度アップロードする)

・データベースのデータをダウンロード(blog.sqlite1)

・データベースをtksqliteで開く

・エクスポート:

main->テーブル->entryダブルクリック->ファイル->書き出し->テーブルentryを選択->

コンマ、出力先文字コードshiftjis->テキストファイル完成

 

・インポート:

テキスト編集->読み込み->入力元文字コードshiftjis






<< Unixタイムで表示される日付< | >CTIの顧客データは作り込む時代 >>
search
layout
admin

[▲page top]