食わず嫌いだったXP HOME
  • (2009-04-16 17:55:29)
WindowsXP ProfessionalとHome Editionの違い

-------------------------------

今までいろいろなPCを購入した。痛く感動したWindows95、とても失望したWindows98とWindowsMe、ホッと安心したWindows2000。そして、Windows XPが出てからというものXP Professionalばかりを購入してきた。

XP HOME Editionは購入したこともなければ選択対象として考えたこともなかった。まあ、会社で使うのだからXP Professionalだろう、という固定観念があった。

ProとHomeの間にある細かい違いは知らない。資料を読むとWindows Serverのネットワークの管理サービスの「ドメイン」に参加できるかどうか(ディレクトリサービスを受けられるかどうか)、とAdministratorというアカウントが使えるかどうか程度らしい。それ以上の差はないようだ。いつくかの資料を読む限り。

私は Windows Server のドメインがどれほど凄い恩恵をユーザーに与えてくれるのか知らない。しかし、小規模な環境だからか今のところ「ワークグループ」で問題は感じない。また、私にはAdministratorアカウントでログインする必要もない。念のためControl userpasswords2でAdministratorで強引にログインを試みたがはじかれた。セーフモードではAdministratorでログイン可能。しかし、通常モードのアカウントでもAdministrator権限もらえるので不便はない。

そんなわけであえてProを選ぶ理由はないながら、頑なにProを選択し続けた。理由は「もしかしたら、いつの日かHomeで困ってProにしなければならない場面があるかもしれない」という恐れ。いったん運用に入ったPCを途中で大手術するような事態は、PC管理者としてはとても気が重い。

そんなわけでよくわからないが、XPを選ぶ際は、デフォルトで「Pro」だった。

テスト用のPCを一台調達した。インストールされているOSはXP HOME Edition。まったく同じ機種の同じハードウエアのスペックのPCがすでに社内にある。一方はXP Pro。もう一方は今回初めて触るXP HOME。

機能差も性能差も何ら差は感じない。むしろHOMEの方がサクサク動く気がしておりやや驚く。XP Proの方はすでに様々なソフトがインストールされており重くなっていることが原因かもしれない。それとも余分な機能が付いていない分、HOMEの方が速いのか?

HOMEの快適さに満足した。

ひょっとして今まで食わず嫌いだったかな?






<< 便利なソフト:PDF作成< | >商品番号命名ルール >>
search
layout
admin

[▲page top]