便利で危険なDROPBOX
  • (2014-04-27 09:35:42)
2カ所以上の場所で仕事をする人にとって便利なDropboxは使い始めて4年くらいだろうか。最近は、むしろ、依存しすぎないようにと考えている。

2種類のアカウント


場所によって見える階層を変えている。そのために2種類のアカウントを取得し「共有」設定で階層を分けている。

削除済みファイルの保存(リビジョン管理)


Dropboxが便利なこと一つが、古いファイルを10バージョン以上保存していてくれること(リビジョン管理機能)。

Dropboxサイトのゴミ箱マークの「削除ボタン」を押して、その中のファイルをクリックすると10バージョン以上表示される。

一度、間違ってあるファイルを上書きして死にそうになったとき、運良くDropboxの旧バージョンから復旧できた。Windowsでは削除ファイルは復旧できるが、上書きファイルは取り戻しようがない。

セキュリティ的な問題点


しかし、それだけ徹底的に残してくれることは反面、セキュリティ上、やっかいでもある。Dropbox内のファイルもいつかは流失する。または第三者の人間に中身を見られる可能姓が十分にあるので、セキュリティ性が高いデータはアップしない方がよいと思いつつ、これが便利だとついつい気が緩んで重要なデータをアップしがちだ。

一回でもアップすれば、自分が削除(Dropboxの「完全削除」)したとしても、本当に削除されたか不明だし、まして物理的に実施されたわけではない。

それどころかDropbox側は、何らかの目的のために永久に保存する(または、すでに全データを保存している)可能性があることも推測される。

今時のdb運用ではいったん記録されたデータは「一時的に見えなくする」という発想はあっても「削除」という発想はなくなりつつある。






<< Brother HL-5340 トナーカウンターのリセット方法< | >便利なソフト:デジカメ写真のファイル名一括変換 Flexible Renamer >>
search
layout
admin

[▲page top]