UWSCで楽天銀行の自動ログイン
  • (2014-01-24 17:41:31)
楽天銀行の法人用画面を自動ログイン。

UWSCですべてのフォームとエレメントを書き出す



IEは、フォームとそこに含まれる各項目に対して、forms(n).elements(i)という形式のインデックスを割り振るため、プログラムでターゲットを特定し何らかの操作を行うことが可能となる。

ただターゲットのテキストボックスがどのフォームの何番目のエレメントがわからない。そこで全エレメントを書き出してみる。

//各フォームのエレメントの中身を書き出す

FOR n = 0 TO (IE.document.forms.length -1)

PRINT "n=" + n + " → "

FOR i = 0 TO (IE.document.forms[n].elements.length -1)

PRINT "i=" + i + " → " + IE.document.forms[n].elements[i].name

NEXT

PRINT "-----------------"

NEXT

結果



見た目、フォーム(「<form」で始まるブロック)は一つしかないように見えるが、書き出してみると4つある。このうち自動ログインに関係あるテキストボックスは、ユーザーid(LOGIN:USER_ID)とパスワード。

n=0 →

i=0 → LOGINPASSWORD_FORM_1_SUBMIT

i=1 → jsf_sequence

i=2 → LOGINPASSWORD_FORM_1:_link_hidden_

-----------------

n=1 →

i=0 → LOGIN:USER_ID

i=1 → LOGIN:LOGIN_PASSWORD

i=2 → LOGIN:_idJsp84

i=3 → LOGIN_SUBMIT

i=4 → jsf_sequence

i=5 → LOGIN:_link_hidden_

-----------------

n=2 →

i=0 → SECURITY_BOARD_SUBMIT

i=1 → jsf_sequence

i=2 → SECURITY_BOARD:_link_hidden_

-----------------

n=3 →

i=0 → LOGINPASSWORD_FORM_2_SUBMIT

i=1 → jsf_sequence

i=2 → LOGINPASSWORD_FORM_2:_link_hidden_

-----------------

UWSCの自動ログイン



IE.visible = true

IE.navigate("★楽天銀行 法人用画面のURL★")

REPEAT

SLEEP(0.1)

UNTIL !IE.BUSY AND IE.READYSTATE = 4

IE.document.forms[1].elements[0].value = "★ユーザーid★"

IE.document.forms[1].elements[1].value = "★???★"

IE.document.forms[1].elements[2].click()

危険なのでこのままでは運用しないが、まあ、毎日手作業でログインというわけにはいかない。






<< VBA、Amazon注文画面の全データを取込む< | >Dropbox「接続中...」のまま固まっている >>
search
layout
admin

[▲page top]