意味がよくわからないGodaddyのオプションサービス
  • (2013-12-31 09:00:18)
円高の頃は、godaddyは安かった。その頃は日本の大手「お名前.com」さんが高めのプライシングだったので、godaddyの安さは際立っていた。

コスト的なメリットがなくなったgodaddy



お名前.comは、その後、安めに移行し円安も手伝い、さらにgodaddy自体、値上げに動いているようだ。そんなわけで、godaddyのコスト的なメリットはあまり感じなくなった。

ドメイン所得のトレンドは変化した



godaddyの高め誘導の理由はわからないが、思うに、Googleのパンダアップデートが影響しているのでは。

以前は、多重リンクがSEO的に大きな意味をなしていて、SEO的な目的でドメインを無駄に多く取得していた人々が一斉に引き始めているのではないか。

godaddyのオプションサービスが微妙



godaddyは、ドメイン名のオプションサービスも充実している。数年前から急に充実しはじめた印象を受ける。これもドメイン名キャンセルによる収益の穴埋めではないかと空想したりする。

オプションサービス(Domain Enhancements)の例:

・PRIVACY

・PROTECTED REGISTRATION

・CERTIFIED DOMAIN

・PREMIUM LISTING

・CASHPARKING?

・GODADDY AUCTIONS?

・SSL CERTIFICATE

・BUSINESS REGISTRATION

・DOMAIN APPRAISAL

・PRIVACY

実名が世界に向けて公開されるWHOISを何とかしたいという需要は確かにあるので、これは自然発生的に生まれたサービスと思われる。他のレジストラも提供しているサービスと思われる。一部加入している。今後も加入予定。

・CERTIFIED DOMAIN

これはgodaddy特有のサービスかもしれない。godaddyが「このドメインは、正しい人が登録しています」と宣言してくれるサービス。意味あるのかな?・・・年間6ドルくらい。よくわからなかったが、高くないし、まあいいかと加入している。次回はキャンセルかな。

・BUSINESS REGISTRATION

うーん、意味があるのかわからない。わからないので、とりあえず一部のドメインで加入してたが、次回はキャンセルかな。

勉強してみないと不明なサービスがいろいろあるが、安いので、勉強するより「念のため加入するか」という心理プロセスを狙ったオプションもありそうだ。やはり、godaddyはちょっと苦しくなったのかな。






<< Excelからメール送信でブロックされる?AOL Mail< | >プチ脅迫ビジネス・マーケティング >>
search
layout
admin

[▲page top]