networksolutions の DNS設定
  • (2013-12-28 06:12:48)
以前、WebサーバーとMailサーバーを分けて別々のプロバイダーのホスティングする設定をした。

ダウン対策プラス、Mailサーバーが汚れているときの一時的な回避策でもあった。


サブドメインを違うプロバイダーに向けるためのDNSの設定


今回、カートシステム会社さんに専用サーバーを立ててもらった。

当社ドメインのサブドメインで運用するためにDNSでAレコードを設定することになった。


お名前.comのレンタルDNS


Mailサーバーを切り分けたときは、「お名前.com」のレンタルDNSというサービスが利用できた。

今回のドメインは、networksolutionsにて登録しているのでお名前.comは使用できなかった。

何とか強引に設定してしまう方法はないかと模索したが、お名前.comに無関係なドメインを設定させてくれるはずもない。

DNSサービスだけを提供するサードパーティを探すと、それなりにあったが、そのためだけに契約先を増やすのはどうか、システム構成を複雑にしたくない。


networksolutionsのAdvanced DNS


この時点まで、networksolutionsもGodaddyも設定可能なDNSを提供していないと思い込んでいた。

が、お名前.comが提供しているなら、networksolutionsもあるかもと初めて見に行くとあっさり見つかった。

サービス名は「Advanced DNS」。通常のDNSサーバだけを打ち込む設定とは別枠で、Aレコード、MXレコード、CNAMEなどの設定か可能。


設定方法


・ログイン →

・MANAGE ACCOUT →

・Pre-Registered Domains →

・Manage Domain Names →
・(この画面で現在設定されているネームサーバーが表示される)

・Manage →

・Advanced DNS Settings(Edit)
・(これを押すと現在の設定が表示される)

・Edit Records →
・AレコードやMXレコードを設定する

・(デフォルトでは下記のような記述)
 www 7200 xxx.xxx.xxx.xxx
 @ (None) 7200 xxx.xxx.xxx.xxx
 * (All Others) 7200 xxx.xxx.xxx.xxx


※「www」はよく見るが、「@」「*」は初めて見る記述方法。

networksolutionsの特有の記述方法かもしれない。

「@」は、wwwがない場合のwebサーバーを指しているが、wwwがない場合、お名前.comではデフォルトでwebサーバーを指し、wwwを付ける場合はCNAMEで設定していた。

「*」は「ここに書かれている以外の」という意味ではないか。まとめてあるIPアドレスを指したいときに便利かも。


設定の失敗でサービス中断


手順をよく考えて設定をしないとDNSをいじるので、当然、サービス中断のリスクがある。

networksolutionsのDNS設定が完了したら、すぐにDNSサーバをロリポップからnetworksolutionsに向けた。そしたら、webとMailが中断した。慌てて元に戻したが、2時間くらい中断したままだった。

networksolutionsのDNS設定が完了したら、それがネット内で反映されるまで、待って、そのあとDNSサーバーを切り替えればよかったのかもしれない。

nslookupで確認する限り、networksolutionsのDNS設定は比較的早く反映されていたが、ブラウザで当社サイトを見ると「行方不明」状態だった。nslookupとブラウザは違うルートのネーム解決をやっているのだろうか?


後日談、メールサーバが止まっていた!


<< 店舗独自のポイント発行、導入検討< | >ジョークかよ、三菱銀行 BizSTATION Light >>
search
layout
admin

[▲page top]