XP → Win7 転送ツール
極端に遅く時々止まるPCと慣れない「転送ツール」の試行錯誤。2時間で終わると予想ていたが、半日作業になったXPからWin7への移行作業。

転送ツール


XPのデータを楽に移行できるツール。フリーソフト。スタッフにPCの移行を頼まれ、このツールを使用してみた。できることは、XPからバックアップデータを作成し → Win7で復元。

最大の目標はOEの引っ越し


一番やりたかったことはOutlook Expressを設定内容・データを含め、そのままWin7に移行できること。

しかし、Win7ではOutlook Expressは動作しないらしい。意図的に起動できないようにされている模様。その代わり「Windows Liveメール」というメールクライアントが提供されている。

これは先日試した。好みは分かれるが考え方は、Outlook Expressに似ているのでスタッフも安心して使えるだろう。

(1)XP側にWindows Liveメールをインストール(OEの内容を自動的にWinLiveに引き継いでくれる。OEのアップグレードに近い)

(2)そのデータと設定内容をWin7へ

転送ツール


(1)XP側にXP用の「転送ツール」をダウンロードしインストール。Win7側にはOSにバンドルされているのでダウンロード必要なし。

(2)XP側で転送ツールを起動し、メニュに従い進める。データの転送方法はネットワークとUSBメモリなどのメディア経由がある。ネットワーク経由で移行を試みる。6ケタの転送キーが生成される(正しい移行先かどうかの認証に利用されるもの?)。

(3)Win7側に行き転送ツールを起動しXP側で生成された転送キーを入力するとネットワーク経由のバックアップデータが転送されてくる・・・と予定だった。

しかし、何度やってもタイムアウトになる。

転送ツールがどんなプロトコルでピア・トゥ・ピアの通信をするのかわからないが、通信ソフトが搭載されていて、セッション確立ではまっているらしい。相手が見つけられないのか?

けっきょく使えず、USBメモリで移行した。200MB程度だったのでUSBメモリで事足りた。はじめからシンプルなオプションを選択すればよかった。

日曜日は、これで終わった。






  • (2012-02-26 18:28:08)
<< もっと早く試せばよかったHDD消去ソフト< | >(備忘録) EC-CUBEカスタマイズ >>

[▲page top]