アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#1
2011/06/30

今後もなくなることはないアフィリエイト


2000年代前半からすると、アフィリエイトブームも次第に下火になってきた印象があるが、インターネットにECビジネスが存在する限り、なくなることはないだろう。

平均的な企業がアフィリエイトプログラムを導入する際は、通常、アフィリエイトベンダーに加入し、そちらに登録されている既存のアフィリエイターに参加してもらうことが平均的なやりかただろうか。

アフィリエイトベンダーの欠点


・せっかくアフィリエイターを獲得してもアフィリエイターリンクは一般にベンダー経由であり、直リンクをもらえない(SEO上のメリットがない)。

・ベンダーに支払う月額の固定費負担(会計士はこれを嫌う)。

・成約やクリックごとに発生するコミッション費用はアフィリエイター+ベンダー分のダブルチャージ。

・アフィリエイト分だけでなくECサイトの売上情報がベンダーに丸見え(セキュリティ上の問題)

痛いことばかりだ。ついでに言えば、営業マインド旺盛なベンダーさんは売り込みに熱心なので、数々のオプションサービスの売り込みも激しく営業電話も多くなる。

自社によるアフィリエイトシステムの構築需要とリスク


アフィリエイトベンダーのデメリットを考えると、自社でアフィリエイトシステムを構築・運営したい需要も当然あると思う。

EC業界に詳しい知人に聞くと「そういう会社は何社か聞く」。しかし、「だいたいうまくいっていないみたい」と言われた。

システムの問題でなく、優秀なアフィリエイターの集客に失敗する模様。

「買う人」と「売る人」は違うとは、よく言われること。

そのECサイトの熱烈なファンをアフィリエイターとして取り込むことも一つのアイデアだが、熱いファンが必ずしも優秀なアフィリエイターというわけでない現実を言っているのだろう。

同じアフィリエイターでも集客能力の違いは歴然としており、見よう見まねのアフィリエイターを千人集めてもプロモーションにはあまり貢献してくれないことが予想される。

自社でアフィリエイトシステムを運営している会社さんは、そういう能力のある優秀なアフィリエイターの獲得の部分で困難が予想される。

それどころか、逆に多く集めすぎたアフィリエイターは、その一人一人のケアのために費やされる管理コストがやがて負担となる。

さらに、よくある「広告主・アフィリエイター間トラブル」のリスクもある。苦労してアフィリエイトシステムを構築するより、アフィリエイトベンダーに加入した方がはるかに投資リスクは低い。

理想は「システムの自社構築+少数先鋭アフィリエイター」の組合せ


やるなら「自社システム+少数先鋭アフィリエイター」の組み合わせがよいかも。アフィリエイターの数が少ないことがポイント。

ケアする管理コストが低いだけでなく、密なコミュニケーションが可能であるため、無用なトラブルも避けやすい。リアルな協業体制を敷くならどうしても少数先鋭が王道に思われる。

(続く・・・)

この記事は#1
アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#8
アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#7
アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#6
アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#5
アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#4
アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#3
アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#2
アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#1





  • (2011-06-30 11:43:48)
<< アフィリエイトシステム構築用ソフト、Post Affiliate Proを試す#2< | >ECサイトの掟、「徹底自動化」を考えるクセ >>

[▲page top]