SDカードのソフト的破損とリカバリー

デジカメ入れっぱなしのSDカードはもろい


デジカメに入れっぱなしのSDカードは、案外、知らないうちにデータが破損することがある。

今日、デジカメを起動したら「SDカードが使えません。フォーマットしますか?」とメッセージがでた。

「やられた」という感じ。

以前、Panassonicのデジカメの頃は、たまにこの現象がでていたので、月一回くらいでバックアップを取るようにしていたが、ここ数年、SONYのデジカメに移行した後は、でなかったので油断していた。


どんなタイミングで壊れるのか?


SDカードを入れたり出したりするタイミングで、カードのデータ読み取り接触部分が余計なところに、間違って当たるのではないか?

それとも書き込み中にデジカメの電源が落ちて中途半端な書き込みが発生し、全体が読めなくなるとか?原因やタイミングはわからない。


リカバリー


毎回違うリカバリーソフトを使っているが、今回は「ZAR」というソフトを利用してみた。

Zero Assumption Recovery、ZAR

フリー版は、「image recovery(free)」を選択のこと。

「RAW」と「FILE」という2種類のファイル・タイプを復旧してくれる。意味はよくわkらないが、「RAW」はそれまで生きていたファイル。「FILE」は削除済みのファイルも含めすべて復旧してくれるようだ。「RAW」と「FILE」、逆かもしれない。

今回の復旧率は、ちょっと見たところ7割程度か。残りはクラッシュしており、データとしては意味をなさない状態だった。重いファイルは復旧できないものがそれなりにあった。

  • (2017-11-20 09:44:53)

AOL mail、どうしようかな?
無料メールはありがたい。お世話になっている。継続性のあるメールサービスを選ばないとある日、使えなくなったりする。

その点、AOLは歴史が長いだけに末永く使えるかとアカウントを取得して、長年利用してきたが、問題も多いと感じている。


(1)セキュリティが厳しすぎる
外部から送信されてくるメールを結構大胆にブロックしてくれる。どういう条件のフィルタリングか不明だが、まったく怪しくないメールもカットされがち、そのおかげで来るべきメールが消えてしまうことがある。どれくらい排除されているか知るよしもない。

(2)設定変更の強制
セキュリティ強化という名目で、先日、設定変更のお知らせメールが来た。軽く読んだ限りでは「POP3 → POP3S、SMTP → SMTPS」に変更(ポート番号の変更)するだけの話だろうと感じていたら、なんとメールサーバが変更になっていた。

まさかこんなところを変更するとは夢にも思わないので、はまった:

pop.aol.jp → pop.aol.com
smtp.aol.jp → smtp.aol.com

How do I manually configure the settings

しかし、設定があっていても受信できなくなるときがあり、安定していない。
  • (2017-11-15 10:39:34)

Amazonの露骨なプライムびいき
先日は、プリンタをAmazonで購入した。


Primeは早いね



購入手続きページで、下記のような表示が出た。

---------------
配送オプション:

○「通常配送 無料」
○「マケプレお急ぎ便 無料」
---------------

私はAmazonプライム会員なので、お急ぎ便も無料で使えるようだ。しかし、配送業者さんを急がせるのも気が引けると感じて「通常配送」にチェックを入れた。

その結果の配達日の違いには呆れた

「通常配送」 → 4日後
「お急ぎ便」 → 翌日

「お急ぎ便」はこの段階で「翌日」と明示されているが、「通常配送」は購入手続きが完了するまでいつの配送かわからない。

しかし、「お急ぎ便」が翌日なら「通常配送」は翌々日くらいだろうと思うだろう。それが翌々々々日だった。落差が大きい。


業者による違い


露骨なプライム会員びいきなだと感じたが、Amazon Japan G.K.から出荷される際は、これほどの差は出ない。

時としてプライムと同じスピードだったりするので、今回のケースは、マケプレ業者の場合のケースとして理解した方がよいみたい。

そして、マケプレ業者さんにはいろいろなところがあるだろうから、すべてが極端なプライム会員びいきをしているとは言い難い。


  • (2017-11-15 10:29:06)

Accessデータベースの分割方法

Accessは、100万レコードでもサクサク


当社が使用中の受注管理db(Access)のテーブルの一つは、レコード数が100万件となり今後も増加が続く見込み。100万件を超えてもサクサク動いているAccessは凄い。

しかし、Accessのデータサイズは噂によると2GBまでらしく、そのうち限界となる。そこに至らなくても2GBはちょっと重いと思う、個人的には500MB以下が理想。


Accessのメリット、ワンファイル


Accessのメリットを書き始めると長くなるのでここは一つ。テーブルもロジックも表示フォームもすべてワンファイルにまとまっているところ。

大きな企業のシステムを支えるようなデータベースなら、テーブルもロジックも個別に独立していた方がよいが、少人数による利用で、ネットでの共有もないデータベースなら、ワンファイルは本当に便利だと思う。

私自身OracleやMySQLのような本格的なSQLデータベースの経験がほぼないので(MySQLは、ネットプロバイダで無償提供されているが、中身をさわることはないので)、Accessとの比較はできないが、おそらく、プログラムを書けない人には圧倒的にAccessの方が便利だろう。


データベース分割


Accessには、ファイルサイズが巨大になったときの解決策も準備されている。そういうメニューがAccessにはある。これを実施すると全テーブルを別のdbファイルとして分割してくれる。

今回試したが、ネット共有の際には、利用できそうな予感だった。しかし、dbが分割され2個のファイルになることが苦痛だった。

私は、サイズを重くしている特定のテーブルだけを手動でエクスポート(分割)して「テーブルリンク」で接続する方式を試したが、ファイルが複数になる点、全体としてサイズが軽くなるわけでない点(むしろ、トータルでは増加する)で、あまり意味がないと感じた。

繰り返すが、テーブルの外出しは、思いつくメリットは、外出しdbを共有ファイルにしてAccessを複数のスタッフでネット共有(ロジック部分は個別に配布)することくらいか。


テーブル分割


重いテーブルは限られている。しかも、古いデータは滅多に使われない。それならば、テーブル単体自体を分割してみようと考えている。

古いデータのほとんどは、年に数回、使う程度。そこで現在のdbをバックアップとして保存し、その後、現dbから重いテーブルの古いデータを削除する。古いデータを調べる際は、バックアップdbにて行う。


(1)最新dbをバックアップとして保存

(2)バックアップ後、重いテーブルの過去3年以上の古いデータを削除

(3)次回のバックアップ時は、バックアップdbから古いテーブルデータを戻す
 (※古いテーブルがあるバックアップdbのクエリから「追加クエリ」で、追加先に最新dbの同じテーブルにする。レコードが重複するとキー違反になるので重複レコードがないこと)
 (※インポートで戻すと最新のテーブルデータも上書きされるので、必ず"追クエリ"で戻すこと)

(4)上記の(1)(2)を繰り返す


実際の運用で確かめる


テーブルデータのうち、過去3年以上のものは、滅多に使うことがないのに毎回、起動する度にメモリに読み込んだり、バックアップを取る度にこういうデータをコピーしなおさなくてよいので、効率的だと思う。


デメリットは、dbの運用が若干複雑になること、それ以外は、今のところ思いつかない。どんなデメリットがあるか、実際の運用で確かめたい。



  • (2017-11-14 07:06:04)

画像のぼかし
いろいろなやり方がある

Paint Shop Pro



(1)ぼかしを入れた部分を選択
(2)[効果] → [ぼかし]

もとに戻せないよう2種類くらいのぼかしをかける


Windowsペイント


さらにWindowsの[アクセサリ] → [ペイント] から

(1)ぼかしを入れた部分を選択
(2)その部分の[サイズ変更]を20%
(3)マウス操作で元の大きなに戻す


JTrim


いろいろなフィルターが準備されている
  • (2017-11-08 09:25:56)
search
layout
category
links
admin

[▲page top]