ブランド飛躍のチャンスだったかも?Googleプレミアムサポート
突然、Google社からの電話がきた。

Adwordsの設定をGoogle社の専任スタッフがやってくれるというもの。月額60万円以上Adwordsへの出稿予算がある企業限定のサービスだそうで、その名は「Googleプレミアムサポート」。

楽天のような営業スタイルに驚く



Googleの目指すビジネスモデルは営業活動も含めすべてがデジタルであること。人の作業が介在しないシステムの構築を理想とする企業と感じていた私には驚きの営業電話だった。まるで楽天のような泥臭い営業スタイルである。日本では楽天スタイルの方が強いのか?

Adwordsだけに月額60万円の予算は中小企業にはムリだろう



自分にとってAdwords運用のイメージこうだ。一度施策して、試行錯誤を繰り返しながら、そして、社会情勢やトレンドの変化に対応しながら中期長期に運営することがAdwordsのスタイルと思う。

今このときが千載一遇のチャンスなら冒険もありだ。しかし、今が平時なら中小期に継続的に確保できる予算ではない。

Adwordsだけで毎月60万円は高い。広告予算全体でも捻出できない。マーケティング主導型ブランドを目指しているならムリしてでも出すことも戦略か。

しかし、当社は職人型ブランド。数パーセントという製造業の平均的な広告投下予算から大きく逸脱することは現状考えていない。

逆になぜそんな条件で、当社が営業対象になったのか何度か聞いた。営業さんの話では昨年の実績をベースに選定しているとのことだが、当社の場合はせいぜい10万円。それも休んだり再会したりである。なぜか当社も営業先候補に選ばれたようだ。

Google社から直接電話をいただき光栄ではある。

プロが施策するAdwordsはどんなものか?



Adwordsは自分でもやってみたが、キーワードの選択は案外奥が深く難しい。Webサイトのテーマになっているキーワードはすぐに思いつくが、コンバージョンに至るキーワードとは必ずしも一致しない。

むしろ、まったく無関係に見えながら高い比率のコンバージョンを作るワードが存在する。それは分析と「ひらめき」でしか探せないものばかりである。どちらも自分には不足しているリソース。

Google社のプロがやるならどんな凄いキーワードを選定してくれるのか?そして、どんな広告テキスを設定するのか?はかなり興味がわいた。

しかし、普通に考えればGoogle社のAdwordsシステムがレコメンドするキーワードをベースに入れてくるに違いない。

そう考えると過剰な期待はできないとも感じた。Adwordsシステムのレコメンデーションは自分にはイマイチだ。

「Googleプレミアムサポート」に対する第三者の感想やレビュー



実際に「Googleプレミアムサポート」を体験した人の体験談や感想などを検索してみたが、企業向けで軽々しく書けないのか、一例も見あたらなかった。

もしくは「Googleプレミアムサポート」があまりにも普通名詞の羅列で、検索されにくく自分が見つけ出せなかったのかもしれない。あるいは考え過ぎかもしれないが、Google社が意図的にインデックスから外しているかもとあれこれ空想した。

ユーザー追跡型広告「リマーケティング」は強力か?



営業さんのオススメはユーザー追跡型広告「リマーケティング」の実力を実感して欲しいというものだった。

しかし、コンテンツネットワークの広告をクリックする人の姿が自分にはあまりイメージできない。あれをクリックするのはどんなときだろうか?

マーケットへの爆発的な突破口が見えない現状、こういうお誘いは心が揺れる



ブランド構築を目指して地道な活動をやってきた。しかし、いつまでたっても知名度は上がらず、マーケットでの認知はないままである。一人マーケティング、一人広報にも限界を感じている。

こんな時のGoogle社からのお誘い、お断りするにもかなり悩んだ。



(ブランドビジネス起業日誌)


  • (2011-04-10 07:01:28)
<< access商品明細の並べ替え->レポートで< | >メインPCのOS再インストール >>
search
layout
category
links
admin

[▲page top]