ブログ統廃合
tokyoCafe.netは、2006年以前に取得したドメイン。

tokyoCafeの目的


whoisで検索するとなぜか2009年からだから、途中手放し再度取得したのだろうか。このへんの事情は記憶がなく、今となってはなぜ手放したのか思い出せない。

とくに目的があって維持しているドメインでなくビジネス活動やテクニカルな情報の記録に利用している。

公開する理由


他人の目に触れる可能性があるので

(1) 本気度が違ってくる
(2) 似た境遇の方々にも役立つ情報があるかも
(3) ビジネスネタを思いつき・フラッシュアイデアの段階で公開

統廃合


昨日、久しぶりに見直したら似たブログを数本平行して書いていて、それぞれあまり筆も進まず、ブログを統廃合することにした。

来年2016年は、新しい統廃合ブログで、心機一転、もう少し役立つ内容に若干シフトしたい。

【統廃合前】
-------------------------------
スモールbiz活動日誌
IT
(★引越済み) 本
(★引越済み) マーケティング
(★引越済み) キーワード
ライティング
(★引越済み) English
(★引越済み) ブランディング
(★引越済み) 震災
運営者

【統廃合後】
-------------------------------
スモールbiz活動日誌
IT
ライティング
運営者

統廃合ツール tksqlite


・本文はver3 にて編集のこと(本ブログは、PHP5.4 SQLite3)
・本文中「"」は「""」で編集のこと
・記事の表示順は、記事IDではなく日時にてソートされる

  • (2015-12-31 07:21:35)

スマホエミュレータを試した
PCでページの書き換えを行い、スマホで確認していると手間なので、エミュレータがないか探す。

Android SDKは以前、ちらっと試したことがあったが、結局、自分のPCで動かなかったので、今回は近寄らなかった。

アプリ開発ではなく、ページ表示の確認だけなので、無料で軽くて簡単な製品を探した。


自分には使えない製品


WindowsでAndroidアプリを動かせるエミュレータ5選 [2015/05/22]
http://news.mynavi.jp/articles/2015/05/22/androidemulator/

ここのあるものは全部使えなかった。重いし、ユーザー登録が必要か、敷居が若干高い。

YouWaveは、カリフォルニアの会社とのことだったが、勝手にブラウザのデフォルトページを書き換えたりと中国製の製品にありがちな好き勝手PC内に手をつける怪しさ。

mynaviさんはこんなものをおすすめなのか。


よいアドバイス


スマートフォンサイトをコーディングするときにPCで表示を確認する方法6つ
http://creator.dena.jp/archives/15532575.html

「Mobilizer」が良さそうだが、試さなかった。

他の方のおすすめで「iBBDemo3」を試したが、表示が若干不正確で扱いにくかったので、こちらも採用しなかった。


結果的に


FireMobileSimulato が今回の目的に一番あう。しかも簡単だった。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2015-12-17 07:16:38)

bitcoin売買の本人確認が酷い

3万円以上の出金で「本人確認」


下記はある取引所の入出金に関する説明。

「1日50,000円を超える日本円の入金、また30,000円を超える日本円の出金には本人確認が必要」


入金より出金が厳しい


入金より出金が厳しい点は、ビジネス運営者として気持ちがわかるが、フェアではないかもしれない。


これではビットコインの価値も半減


しかし、そもそも5万円以上で「本人確認」が求められる時点で、bitcoinの本質である匿名性と政府機関からの独立性が失われている。

政府からすれば、管理しにくいbitcoinの動きを交差点で押さえようということか。


犯罪者扱いの「本人確認」


そして、その本人確認の方法が、また酷い。

(1) 免許証などの写真付き証明書をネットにあげる(この時点で漏洩のリスクが)

(2) さらにその証明書を本人が手に持って、本人+証明書がいっしょに撮影された自身の写真を提出

犯罪者のような扱いだ。

ここまでさせるの?


政府からの圧力か?


マネーロンダリングなど不正な決済に利用されないため、という話と推測されるが大義名分だろう。

この取引所さんが考えたやり方とは思えない。顧客にこんな扱いを強いるビジネスは考えにくい。金融庁や財務省の指導だろうか。

彼らは、銀行の口座内容を開示させることもできるし、軽く凍結することができる。国家権力を背景に嫌がらせをされたらbitcoin取引所など一瞬で吹っ飛ぶ。

中国政府の強圧体制を日本人は批判するが日本も似たり寄ったりといったところではないか。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2015-12-14 06:37:25)

ロリポップ、サーバー「事前移設」

サーバーパワー一新のニュース


ロリポップのwebサーバーはレスポンスがときどき遅いことがある。これで随分とXサーバーに引越す客も多かったようだ。それが理由か不明だが、2015年の9月ころ、サーバー環境の一新を図り、2016年からすべてのユーザーを新サーバーへと移動させるプランが発表された。

「ロリポップ!では2016年より順次、より快適なサーバー環境を提供するため、新サーバーへの移設メンテナンスを行う予定です。 それに先立ち、ご希望のお客様へ新サーバーへの事前移設をご案内いたします」


移設はwebサーバのみ


メールサーバやデータベースはそのままらしい。

「事前移設ではWEBサーバーが移設対象となり、メールサーバー、データベースサーバーに変更はありません」

※サーバー番号が下記はすでに新サーバー

「users310〜399」
「users4xx」
「users5xx」
「users6xx」


Apacheの2.2系が2.4系に


2.2から2.4系のApacheに変更してどんな影響があるのか、不安だったが、とりあず自社には影響が感じられない。

「移設前に users0xx,users1xx をご利用の場合、
Apacheのバージョンが 2.2 から 2.4 へ変更されます。
Apache 2.4 に対応していない記述によりサイトに影響が出る可能性があります」


賢いやり方


おもしろいことは希望者は2015年以内に「事前移設」が可能なこと。来年になれば全ユーザーが強制引越ながら、希望者は先行して引っ越せる?・・・とっても賢いやり方に感じられた。何に対して?

(1) スピードにうるさいクライアントの選別
(2) 引越を検討しているユーザーの引き留め

に効果があるだろう。


パワーユーザーの選別


とくに(1)のクライアント選別は、非常におもしろい。そういう意図なのか、100%憶測でしかないが、おそらく最大の目的はパワーユーザーの選別と推測される。

このアナウンスをもらったとき、どうせ来年になれば自動的に移行してくれるのだから、と自分から進んで移設しようとは思わなかったが、最近、事前移設期限12月16日の再アナウンス・メールが来て、ここは自分の意思でやっておいた方が、速いサーバーに移してくれる可能性が高いのでは考え直した。

エンタープライズ版への移行を考えていたが、不要かもしれない。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2015-12-13 10:48:30)

2016年Webデザイン、ミニマリズムは続く
ここ数年でwebデザインのトレンドは激変した。一番の要因は、スマホの圧倒的な普及力。スマホファースト、モバイルファーストが今時のトレンド。


スマホがwebデザインをひっくり返した


世界中が、スマホフレンドリーからスマホプライオリティワンに移行中な印象。

モバイルデザインの特徴:

・基本「ワンカラム、シングルカラム」
 (昔のwebは、PC画面800px-1280px程度を想定して、2カラム - 3カラムが主流だった)

・レシポンシブ
 (段組なしで下に長く続くタペストリー型が基本で、画面幅に余裕があれば、各要素が横方向にfloat)

・ボタンが大きい
 (指で押せるように)

・文字が大きい
 (昔は10px-12pxメイン、現在は12px-40pxへ。本文の文字サイズさえ14pxから16px)

・文字数が少ない
 (1行15文字程度で20行以内)

・被写界深度が非常に浅い写真が主流
 (米国の映画・ドラマからの影響か。このトレンドに関して日本のドラマはかなり遅れている)


その他



・フレームワークや共有リソース
 (Bootsrapやawesome fontなど。コーディングはしなくてよい傾向)

・パステルカラーが好まれる
 (日本人に好まれてきたパステルカラーは、今や世界のトレンド)

・シンプルなフラットデザイン
 (ゴール・オリエンティッドなwebページは、デザインをシンプルにして迷わせず視聴者をゴールへ向かわせる。リンクも出さない)

・スクロール型
 (コンテンツを増やす場合は、下に下に掘り下げる = 下に長く続くタペストリー型)


ページの目的の明確化


そのwebページの目的だけに視聴者の意識を集中させ、フォーカスするデザインが圧倒的に増えてきた。


どんな文化圏の人々にもわかりやすく


ユーザーの世界化に応じて、どんな民族・どんな文化圏の人々に対しても、とにかく簡単でわかりやすいことを訴求した結果だろう。


ユーザーを迷わせない導線


特定の目的を達成するために、余計はモノは隠す、見せない、が重要。スティーブ・ジョブズが理想としたデザインに世界全体が向かっている課程が今時のトレンド。


ミニマリズム


これらのトレンドは一言で言え「ミニマリズム」かな。

このトレンドがしばらく続いて、また複雑系に移行するだろうが、それが2020年なのか、2030年なのか不明だが、ミニマリズムはもうしばらく続きそう。


今時デザインのGoogle対策


文字数が少ない、内容が薄いとGoogleの評価が下がるが、それはSNSでカバーしているような。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2015-12-12 05:54:23)
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]