自発的バイラルを誘うAamzon商品レビュー
Aamzonで商品レビューの投稿体験。人間の心理をくすぐるAamzonマーケティングマシンに触れる(2012/02/20 小平探検隊)


商品レビューは優れたコンテンツ


Aamzonではよく買い物をする。各商品には「商品レビュー」がついている場合がある。

こういうレビューは、有料で請け負うアルバイトさんやアフィリエイトや自作自演などが多く信用しないつもりだが、自然と読んでしまう。

「これはプロが書いたな」と感じさせる文章も多い。ステマややらせ記事と感じても、それでも
影響は避けがたい。自分も含め多くの消費者に共通した消費行動・購買決定のプロセスだろう。

商品レビューは、それだけ消費者にアピールする優れたコンテンツであり、それゆえ、マーケティングとしては重要な手段だしマーケティングターゲットだ。


Aamzon商品レビュー体験


しかし、一般の消費者から商品レビューを収集する労力は非常に大きい。自分自身考えても、商品レビューを書くモチベーションは薄い。

実際、今まで書いたことはなかったが商品レビュー体験をしてみた。

実際に行動してみると、頭で考えていたこととは別の発見があった。

・ランキングが妙に気になる
・ランキングが上がっていく課程が快感になっていく(恐い)
・商品を見る目、商品に対する意識が違ってくる


ランキングが妙に気になる


はじめて商品レビューを投稿した。すると自己のカスタマーレビューのページには「ランキング」が表示される。

私の場合は、40万くらいからのスタートだった。

40万人以上のレビュアーがいて、レビュアーとしての「貢献ランキング」なのか「優秀ランキング」なのか、その意味は不明だが、ある種のアルゴリズムで計算され、スコアリングされて、順位が与えられ、その結果、自分は40万番目前後にランク付けされたことがわかった。

ランクは、カスタマーレビューのページの左上トップに出る。人の眼が一番最初に見に行き、意識されやすい場所に表示される。

「商品レビュー、ありがとうございます!」ではダメだ、とAamzonは知っている。

「キミは、○○番目だ」と宣告してやることだ。

ランクを宣告されることによって、多くの人間は闘争心や競争心を心に抱くのではなかろうか。

人間の心理をついた仕掛けだ。それが悪いという意味では、全然ない。

工場では作業グループ間で作業を競うことで品質やスピードの向上は劇的だし、世の中で行われているコンテスト、コンペ、競技、バトル、ゲームの類は、ほとんど人間の闘争心や競争心をベースにしたものであり、参加者もそれが楽しい。


ランキングが上がっていく課程が快感


2件目の商品レビューを投稿した。するとランクは、いきなり数万上がった。

商品レビューを投稿するたびにランクは、数万づつあがり20万くらいまでは、楽勝で上がる。

これがまた快感である。左上のトップのランキングに眼をやるたびに快感を味わえた。「オレって行けてる!」という気にさせられるものである。

まったくAmazonのシステムにうまく手玉にとられている絶頂期を体験する。

そのうち、自分が書いた商品レビューに対して誰かが「このレビューが参考になった」の投票ボタンを押してくれると、ランクは激動する。ランクは5万を切った。

これでまた味をしめる。

このころになると「どうすればランクを上げられるか」という法則・必勝法も見えてくる。誰もが思いつく対策法。検証していないので効果度は不明だが・・・

(1)商品レビューは、内容より「数」で稼ぐ → Aamzonで購入していない商品のレビューも可能

(2)「参考になった」ボタンは即効薬 → 自作自演の温床になるリスクも

(3)すでにレビューが多くついている商品は、「参考になった」ボタンを押してもらえる確率が低いので狙わない。買い手が多そうで、レビューがまだ付いていない新商品を狙え。


商品に対する意識が違ってくる


Aamzonだけでなく通販一般に、通販で購入して到着したら「失敗したな」と感じた商品も多いものだが、心理的なプロセスは、だいたいその一言で終わりだった。

終わったことであり、商品や買い物のことは、急激に関心から忘却されていく。

しかし、商品レビューをするようになって、購入した商品は「何がよく、何が期待はずれ」だったかを心の中で自然と明確にする態度に変わる。

まして、実際に商品レビューを書き始めると正確さを期すためにスペックや動作状況をきちんと観察し・検証し・確認するようになる。

検証は案外手間暇かかる。テスト環境によって間違ったデータをつかんだりする。そういうデータを公表すれば無用にメーカーさんや他のユーザさんに迷惑をかけるので、下手なことは言えない。

しかし、偶然にもうまい分析やえらい発見などしてしまうと、逆にこれを「他の人にも知らせたい!」という欲求さえ生まれるから人間ってのはクズだ。

「他の人にも知らせたい!」という感覚、ちょっと危ない。

いっぱしの評論家気取り気分が味わえる。

・・・そんなわけで、商品分析が得意となる。これもメリットといえばメリット・・・しかし、Aamzonシステムにうまく乗せられて、彼らのビジネスに無料奉仕するのもバカバカしいという気持ちもあり、商品レビュー体験もこんへんで打ち切りだ。


その他のモチベーション


Aamzonで商品レビューをする人々のモチベーションを、インターネットから拾ってみた:

●営業活動の一環
・アフィリエイト、アルバイト、レビュー請負
・著者やメーカーの自演
・出版社や販売店の自演

●個人的事情に由来するもの
・自己表現
・自己顕示欲
・社会的地位(商品評論家)
・社会的影響力
・失敗した買い物に対する怒り吐露
・読書日記

ベストレビュアーに選ばれたら「社会的影響力」「社会的地位」といった話も大げさではなくなるかもしれない。少なくとも自信や自己満足感は大いに満たされる気がする。

※ベストレビュアー
 http://www.amazon.co.jp/review/top-reviewers


最強のマーケティングマシンに感動


Aamzonのレコメンデーションエンジンも不気味だが、このレビューシステムも、人の心理と行動プロセスに基づく最強マーケティングシステムに見える。

人の心理をうまく反映した秀逸なシステムを軽く作り上げ、GoogleやFacebookとの正面衝突を避けて我が道を突き進むAamzonは本当に恐ろしい企業であることを実感する。

最終勝者は、あるいはAamzonかもしれないと感じることがある。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2012-02-20 07:02:22)

Adwordsでブランド広告は厳しい
2012/02/06 小平探検隊


Adwordsの広告コンセプト


Adwordsの広告コンセプトは、ある検索ワードを打ち込む人は「それに関心があるだろう」が前提となっている。しかし、関心はあるが、実際に買い物してくれるかは、かなり別問題。


たとえば痛み系・切実系商品はAdwordsにぴったり


Adwordsとの相性がよい商品は実需型の商品。

たとえば、痛み系の検索の場合は、高い確率ですでに「購買モード」の人々が検索している。

「頭痛」とか「腹痛」とか。痛み系検索は、かなり切実なものだけによいソリューションを提供してくれる商品やサービスの購買確率はかなり高い。


Adowrdsでブランド品広告? ならプライシングがすべて


一方、ブランド品の広告。すでに有名で需要が高いブランド商品は、激安なら効果的。一般にブランド品は価格統制が比較的保たれている商品だけに「安い」というだけで購買意欲は高まる。

だが、逆にプライス以外の要因では購買には結びつかない。Adwordsのブランド品広告は意味がない。

まして、ブランド周知のためのブランド広告やイメージ広告はクリックがあるにしてもコンバージョンがないコンバージョンレス広告になる。

コンバージョンレス広告を展開するブランドさんもあるが、多くは税金対策など本来のビジネス活動とは趣がやや異なる。


購買意欲をそそるブランドとは?


ブランド商品は「すでに有名である」ことが重要。でないと購入率はぐんと下がる。知名度が確立されていないブランド品がAdwordsで露出しても意味がない。

Adwordsで自ら露出に動くブランドに対して消費者は意識しないどころか、逆に軽く見られるリスクさえはらむ。

知名度は「ちゃんとした会社さん」レベルでは不十分だ。

成長途中でもよいが、その場合も大手マスコミにドンと取り上げられる勢いがほしい。購買にまで結びつくブランドとはこんなブランドだ。


どちらにしてもAdwordsとの相性が悪いブランド


よって、Adwordsで露出してもしなくても、どちらにしても意味がない。購買とは無関係である。

・有名ブランドはAdwordsとの相性が悪い→ プライスしか訴求できない
・無名ブランドもAdwordsとの相性が悪い→ 認識されない、相手されない、軽蔑されかねない

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2012-02-06 08:46:55)

SEO対策のおわり#9
<巨人たちのパワーゲームに振り回されないために>


我が道を行くAmazon


巨人たちの激闘には関わらず、ひたすら我が道を行くAmazonが気になる。あるいは最終勝者はAmazonかもしれないと思うこともある。


今度はソーシャル?振り回されないために


これからはソーシャルがポイント! 多くの企業は、すでにソーシャルに焦点を絞ったネット対策に取り組みはじめている。

しかし、SEO対策で無駄に振り回されてきた企業も多い。中には興醒めた企業もあることだろう。

自分自身の感想も、思えば、過去10年、巨人たちのパワーゲームに振り回されただけのSEOだった気がしないでもない。

弱者が常に強者に振り回されるのは、歴史が示すところ。GoogleやFacebookに振り回され、そして今後も出てくるであろう米国系メジャープレイヤーに好きなように振り回される予感もある。

そうなれば、無駄に時間・体力を消耗する。自ら進んで損失を生成しているようなもの。

ソーシャルに突進する企業もあれば、一歩立ち止まり静観する企業もあるだろう。インターネットでは、早くもSEOならぬ、SMO(Social Media Optimaization)なる言葉が使われ始めているが、個人的には食傷気味だ。

どちらがよいのかわからない。

言えることは、ネット界の動向に充分に注意を払いつつ、一方で盲目的に追従することはせずに一定の距離を維持、もしくは完全に距離を保ったまま、Amazonのようにひたすら自社戦略を追い求める方がよいのではないかと考えている。


Google+には醒めた目で1日でも早く参加する


ネット界の動向に注意を払うためGoogle+には参加したほうがよい。

参加するなら1日でも早く参加すべきだ。

しかし、活動内容と時間・労力の投下量は冷静に裁量すべきだ。

ついでにいえば、サードパーティーによる新規のSMO関連ビジネス・周辺ビジネスもすぐに立ち上がってくるだろう。そういう人々にも振り回されないよう醒めていたい。

この記事は#9
#9 巨人たちのパワーゲームに振り回されないために
#8 視聴率=テレビと同じになったインターネット
#7 過去10年間のSEOが終焉
#6 意識改革をする人としない人
#5 パーソナル検索時代の幕開け
#4 サーチプラス、Google社の方針が明確に
#3 一人勝ちを目指すGoogle
#2 機械型スコアリング・システムから人気投票に軸足を移すGoogle
#1 過去10年間のSEO風景

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2012-02-04 05:31:19)

SEO対策のおわり#8
<視聴率=テレビと同じになったインターネット>


テレビ界と似た構造になってきたインターネット


ソーシャル時代に重要なことは、どれだけ多くの人々に影響を与え、彼らは動員できるか。

GoogleにしてもFacebookにしてもユーザのネット滞在時間を引き延ばしてくれるコンテンツは、それが秀逸なものかどうかに無関係に「善」なのだろう。

ユーザのネット滞在時間が長ければ長いほど、彼らには利益をあげるチャンスが増加する。

それは現在のテレビと全く同じ構図で、視聴率が取れる番組が、すなわち、よい番組でありテレビ局の利益率に大きく寄与することと同じである。


インフルエンス・ランクとカリスマ的人材の有無


結果として視聴率が取れるコンテンツは、圧倒的に芸能人や有名人に依存し、誰が出演するかによって番組の価値が変動するように、インターネットも同じようにコンテンツそのものよりネットユーザーを動員できるカリスマ的人材の存在がポイントとなっていくだろう。

ユーザを動員できる指標を一部の人々は「Infuluence Rank」(インフルエンス・ランク)と呼んでいるようだ。有名な「Page Rank」同様、ユーザへの影響力を計量するためのアルゴリズムをGoogleは開発し、その特許を取得中とのこと。

ただ、Google社がInfuluence Rankというコトバを使用しているサイトを発見できないので、このコトバがGoogleの正式なアルゴリズム名かどうか私には不明だが、少なくともこの発想が今後、数年間インターネットを主導する考え方になるように思えてならない。


カリスマ・インフルエンサーの育成


人々を惹きつけ動員し、かつネットでの活動(ブログやSNSでの発言、自ら進んでの口コミ)を誘発できるインフルエンサーは今後ネット企業から需要が高い人材となる。

ネット企業は、そういう人材の育成を自社で試みるだろうが、テレビ界同様、芸人やスターを専門に育成する芸能プロダクションのようなビジネスが新しい業態として生まれてくるだろう。

ネットのインフルエンサーはテレビの芸人やスターほどの爆発的影響力はないにしても、違う種類の影響力(人々をSNSでの活動に向かわせる影響力)を持つことになる。

コンシューマー向け商材を扱う大企業さんのビジネススタイルは、こうなる:

テレビで広範囲に周知し、興味を抱いて検索してくる消費者を各インフルエンサーが消費行動へと誘導する。

戦争で言えば、テレビが空爆で、各インフルエンサーがネットでの地上戦を指揮する各部隊の隊長といったところか。

ネットに入り込んでくる消費者をできるだけ多く絡め取ることが隊長の仕事だ。

この記事は#8
#9 巨人たちのパワーゲームに振り回されないために
#8 視聴率=テレビと同じになったインターネット
#7 過去10年間のSEOが終焉
#6 意識改革をする人としない人
#5 パーソナル検索時代の幕開け
#4 サーチプラス、Google社の方針が明確に
#3 一人勝ちを目指すGoogle
#2 機械型スコアリング・システムから人気投票に軸足を移すGoogle
#1 過去10年間のSEO風景

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2012-02-03 16:27:01)

SEO対策のおわり#7
<過去10年間のSEOが終焉>


その場限り・小手先SEO対策の終焉


「相互リンク」が検索エンジンに見破られるようになると、今後はカネで販売されるリンクが流通した。

しかもリンク元サイトの運用年数やIPアドレスのクラス制限なども加味したリンクがSEO業界では商品化された。オールドドメインが商品化された時期だ。しかし、これも数年だった。

当社は相互リンク対策やSEO業者の販売リンクを購入したことはないが、自社でテーマごとにドメイン名を複数制作しIPを分散するなどの対策を行ったことがある。

これは単一ドメイン内で、すべての広範囲な情報を掲載したサイトより、比較的小さなテーマで専門的に扱うサイトにすることが目的だった。

当然、一番のモチベーションはやはりSEO対策としての効果。

しかし、テーマを分けて、それぞれのテーマで充実したコンテンツを制作し運営していくことは予想外の負担であり、分散されたサイトは結果的に無用な投資(主に時間と労力)で終わった。


無駄に消耗しただけのSEO対策


「バックリンクだ、IP分散だ」という過去10年間のかけ声は、何だっただろう。

そういうその場限りSEOや小手先SEOが、いよいよ終焉を迎えつつある現在、無駄にあがいた過去数年間が、不確実でその場限りの対策に振り回されただけの作業だったと反省している。

現在でも、もちろん、SEOは重要であるが、本質的な部分で意識調整をすべきタイミングにきているように思う。

Googleは着実に怪しいリンク、怪しいサイトを見抜くスマートなプログラムへ洗練度を上げている。今さら小手先対策をやるくらいなら、Google+での活動を強化するほうが有意義なSEO対策かと感じる。

この記事は#7
#9 巨人たちのパワーゲームに振り回されないために
#8 視聴率=テレビと同じになったインターネット
#7 過去10年間のSEOが終焉
#6 意識改革をする人としない人
#5 パーソナル検索時代の幕開け
#4 サーチプラス、Google社の方針が明確に
#3 一人勝ちを目指すGoogle
#2 機械型スコアリング・システムから人気投票に軸足を移すGoogle
#1 過去10年間のSEO風景

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2012-02-02 05:29:34)
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]