McDonald's03, as soon as you're ripe
★マクドナルドを世界最大のレストランに発展させたレイ・クロック(Ray Kroc)の著書『GRINDING IT OUT』(紡ぎ出す)から抜粋。現代資本主義型ブランドのケーススタディ。(20203040)


Ray Kroc本人によるマクドナルド物語


第1章にこの本のハイライトが詰め込まれており、2章からは時系列的に詳細に入る構成になっている。初版はRayが亡くなる7年前の1977年。

教訓は各章に散らばるが、読者にとって一番衝撃的でおもしろい部分がトップに盛られている。エンターテイメント性も文章の美しさも感じられる本。

スタートは、シェイクスピアの名言からはじまる

There is a tide in the affairs of men
(Shakespeare, Julius Caesar)

名言を最初に配置する方式は欧米の本ではよく見かける。ときどき名言を思い出すことを習慣にしようとする欧米の文化かもしれない。これからはじまる物語と名言を対比することで物語自体の奥行きを広げる効果を感じる。うまいやり方かも。

I plunged gleefully into my campaign to sell a Mulimixer to every drug store soda fountain and dairy bar in the nation. It was rewarding struggle. I loved it. Yet I was alert to other opportunities. I have a saying that goes, "As long as you're green, you're growing. As soon as you're ripe, you start to rot."

本書の中で繰り返し述べられる言葉が「As long as you're green, you're growing」(未熟であれば、成長のチャンスがある)


はかない成功(fleeting success)に満足するな


後年、株式公開後、巨大化したマクドナルド本社にはポスターを貼られていた:

「Nothing Recedes Like Success」

レイが、自分自身への戒めとしていたと思われる。連戦連勝のマクドナルドだからこそ、言えるうらやましい格言。まあ、しかし、ポスターとして壁に張り出すとだいたい読まなくなるし考えなくなるので効果のほどは不明。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2013-03-01 07:09:18)

McDonald's02, surpass one billion in total revenue
★マクドナルドを世界最大のレストランに発展させたレイ・クロック(Ray Kroc)の著書『GRINDING IT OUT』(紡ぎ出す)から抜粋。現代資本主義型ブランドのケーススタディ。(20203040)


1千億円企業


1976年、マクドナルド社は創業22年目にして1千億円企業に成長。優良企業として有名なIBMが1千億円企業に成長するまでに46年かかたことを考えると圧巻です。

The historic year of 1976 will see McDonald's Corporation surpass one billion in total revenue for the first time. Casual students of business history may not realize the significance of the fact that this milestone will be reached during the twenty-second year of the company's history.

To put this accomplishment in some perspective, the reader should be reminded that IBM, highly renowned as a growth company, did not achieve the one-billion-dollar sales mark until its forty-sixth year,1957.

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2013-02-27 11:48:11)

McDonald's01, the true Kroc is coming through!
★マクドナルドを世界最大のレストランに発展させたレイ・クロック(Ray Kroc)の著書『GRINDING IT OUT』(紡ぎ出す)から抜粋。現代資本主義型ブランドのケーススタディ。(20203040)

Ray Kroc, Grinding It Out


1977年初版の"Grinding It Out"


"Grinding It Out"、1977年初版。すでに30-40年前の話で、現在の金融マーケットは、当時と比較すると3世代分くらい変化しているかもしれない。

レイ・クロックがマクドナルド兄弟に出会いハンバーガービジネス(または不動産ビジネス)に乗り出すのは1954年。古い話だが、新鮮な内容が詰まっている。


3部構成


(1)マクドナルドに出会う前
(2)マクドナルドを成長させ株式公開を行い社内の独裁体制を固めるまでの成功ストーリー
(3)ミリオネアになったあと

の概ね3部構成になっている。


レイ・クロック本人のディクテーションによる物語


この本は、経済記者さんや作家さんが演出たっぷりに書き上げた話ではなく、レイ本人によるディクテーションによって書かれている。レイの性格と思われるが、現在の暴露本に近い内容になっており、登場人物の中にはやや気の毒な人もいる。

書評:Tells his story in a rapid-fire style that leaves the impression the true Kroc is coming through!
(レイ・クロックが駆け抜けていく)

前書き:he either enchants or antagonizes everyone he meets。But even his enemies agree there are three things Ray Kroc does dammed well: sell hamburgers, make money, and tell stories.

sell hamburgers・・・単純に商売上手ということ
make money・・・株式上場などマネーマーケットのツボを心得ていること
tell stories・・・マーケティングのうまさを指しているのだろうか

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2013-02-26 07:07:32)

プレスリリースを打つと営業マンがやってくる
プレスリリースって意味あるのかな?プレスリリースの意味とリスク(2012/12/13 小平探検隊)


昔と違うプレスリリース


プレスリリース代行会社はかなりある。

昔は記者さんやマスコミ編集部へのコネの部分も大きかった。そして、紙媒体なら今も大きいだろう。だから、代行会社の選択には意味があったように思う。

しかし、インターネット時代では、ニュースもプログラムで全自動処理なので、どこのプレスリリース代行会社を利用しても差は100%皆無。いや、98%程度か。その代行会社のSEO的なランクに差があるので。


「お金で買われた口コミ」はもはや意味がない


リリース自体にインパクトがあればソーシャルに取り上げてもらえるし(それがニュースの価値と必ずしもイコールではないが)、そういうネット内の自然発生的なバズを数値化して、検索エンジンはそのニュースのランクを判断しているように推測される。

どこの代行会社を経由したかは意味がない。

リリース時にブログオプションを付けて第三者にペイドバズを発生させても、Googleはすでに見抜いているというのが現在のマーケターの一般的な見解ではなかろうか。体験的な感触では2010年くらいからGoogleは「お金で買われた口コミ」を前向きに排除するプログラムを導入し始めている。


必ず取り上げられるインターネットのプレスリリース


インターネットでは流したプレスリリースは必ずGoogleにインデクスされる。なぜなら、インターネットは無限情報量なので、ブラックホールのように吸い込むことができる。

つまり、クズでないニュースもクズなニュースも等しく取り上げてもらえるのがインターネット時代のプレスリリースだ。

プレスリリースって意味あるのかな?と言う人もいるが、代行会社やニュースサイトからのリンク(仮にrel=nofollowであっても)には、Googleの評価に対して一定の影響力が残っていることは確かで、また、ニュースアラートとして届けたい人に届く可能性は、少ないが草の根的にまだまだ残っていると思う。しかし、リスクもある。


リリース自体が他社のカモになるリスク


プレスリリースにはコンタクト先や担当者名が記載されるので、格好の営業先資料になる。

実際、プレスリリースを打つと、リリースの内容に関する問い合わせより、地方紙の広告代理店などから「広告出稿の勧誘電話」が多くなる。

潜在顧客にアピールするためのプレスリリースなのに、その打った本人が、他社のカモにされているかなり笑える状態だ。


プレスリリース会社からの営業


年に数回リリースを流している当社は数社利用している。ドリームニュース社はその一つ。1ヶ月単位で安価に契約ができる点がいい。

先日新製品リリースを流したとき、申し込み欄に「女性誌『Pococe(ポコチェ)』への掲載」というチェック欄があって、「無料」とあったのでチェックを入れておいた。

チェックしたリリースが必ずしも掲載されるわけではないが、編集部としてもニュースとしておもしろいならコンテンツとして取り上げてくれるのかと理解した。

後日、関連会社の営業マンから「タイアップ広告の提案」がきた。

「営業活動だったのか」、と今さら驚くのも未熟か。


結論


期待せず・データ出し過ぎず・機械的に・定期的に・信頼できる代行会社から・なるべく安価にプレスリリース打つことが最も効果的で被害が少ない。

電通入れて大はしゃぎしたい大企業さんは別として我ら中小企業のプレスリリースは、そのリリースの価値や話題性は、市場(インターネット)に任せておけばよい。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2012-12-13 06:32:28)

キーワード主導のWebサイト制作
そういうスタイルが効率的ではなかろうか。


手荒れの体験談集のサイト



たとえば、ハンドクリームのサテライトサイトで手荒れの体験談集を制作中である。それは製品販売とは直接的には無関係である。中立的で、実際役立つ情報が掲載されているし、今後次第に内容が濃くなっていくと思われる。そして、サイトが成長すれば間接的にその恩恵が製品販売などにつながるはずだ。


以外に少ない手荒れ検索需要



今日、ふと「手荒れ」をキーワードツールで調べてみた。

月間ボリュームは「1600」

「あれ?」と声が出るほどあっけない。1600件程度ではユーザーはほとんどいないようなもの。


ハンドクリーム自体多くない検索需要



「ハンドクリーム」を見てみた:

・ハンドクリーム 8100

・ハンドクリーム ランキング 1600

・手 クリーム 1300

・ハンドクリーム おすすめ 1000

・ハンドクリーム 人気 1000

ハンドクリーム自体は8100件あり、手荒れよりだいぶんよいが、いずれにしても需要のない分野であることは一目瞭然。

ハンドクリームはネットで調べて買うような物ではなく、とりあえずい近所のドラッグストアに行ってもその場で買う物ということだろう。


逆に参入のチャンスかもしれない



しかし、逆に言えば需要がない分野だけに競争もなく、今からの参入にもチャンスがあるかもしれない。あらゆる商材がネットに移行傾向にあることを考えれば競争が薄いうちに参入しておくことは有利だろう。


ターゲットワードは他にある



で、仕込むべきキーワードだが、ハンドクリームより重要なワードがあることに気づいた。

・ワセリン 40500

主要成分のワセリンは、ハンドクリームよりも5倍もの需要がある。ワセリンの副作用などネガティブな情報を集めている人も当然いるとしても、多くはワセリンの愛用者か試してみようというユーザー層と思われる。こういう層はワセリンの説明が不要で、かつ知っているだけに商品説明も不要である。

他に大切なワードも見つかった。

・ローズマリー 12100

配合成分の一つで、本体ハンドクリームより高い需要がある。これもターゲットに入れるべきではなかろうか。


キーワードの検索需要から作るサイト



下記の順番でキーワードの優先順位が決定した。

・ワセリン → ローズマリー → ハンドクリーム → 手荒れ

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2012-11-23 14:53:28)
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]