自分史を研究する人は多くない

他人の人生を研究する研究家


歴史上に残る他人を研究する研究者なら山のようにいる。偉人達の人生自体がおもしろいし、偉人達に学びたいと願望は誰しもある。

私も天才達の伝記は好きだ。しかし、生まれつきの素質は別物だろう。ヤツらは天才、努力でどうこなるレベルでない。

また、時代も環境も違う。そんな違いだらけの人々をまねたところで、そういう人々になることはない。追いつくこともない。


結局、他人は他人


ビジネス関連だったら、ソフトバンクの孫さんやユニクロの柳井さんの本を熟読・拝読する人は多い。

しかし、読んでまねたところで、孫さんや柳井さんになることはない。よくてかすかに近づけるかもしれないという程度だろう。

そんなわけで、他人のケーススタディって、ほどほどに知っていれば参考になるが、かといって、知りすぎればムダだし、逆に有害だったりする。


自分史研究ならリアルで利益も大きい


一方、自分の歴史となると、自分自身のことだからリアルだ。

「あのとき、なぜああしたのか?」
「もし、ああしていれば!」

という後悔や反省は誰にもあると思う。このへんを深く考察して、次回、そのミスを犯さない、そのチャンスを逃さないというスキルにつなげれば、どれだけ有意義か。


現状に満足なら無理する必要はない


人は、生来保守的で本能的に変化できないようにできている。

特に安定した生活を送っている人は、大望や大きな新プランを描くより現状にしがみつきたいと感じるようDNAはプログラムされているようだ。

だから切羽詰まらないと変化できない。それが普通であり、世界でも有数の安全で豊かな現在の日本で暮らしていると、どうしたって保守的になる。


自分史は、変化を求める人の最も有益な手段


自分で変化が必要と感じない人は、現状が幸せという証であり、変化を強制することはできない。

しかし、変化したいと望む人間なら、その方法として、一番手っ取り早く、確実で、リアルな手法は、自分史を研究することではないかと思う。

だから日記が必要となる。世の中では「ライフログ」と呼ばれたりしているようだ。どんな媒体に、どんな形式で記録しても良いが、正確な事実と自分の行動・思考・感情を記録することが重要。


掛け違いの自分史研究 = 自費出版


「自分史」で検索すると自費出版ベンダーがトップに来る。アプトプットが自費出版?

自分史の本を制作し、知人や家族に配布、あわよくば販売したいという人々がいっぱいで、それらのビジネスチャンスに網を張った業者さんが多数ということか。

自費出版の本制作を最終アウトプットにしてしまうと、つまり自己満足がゴールとなる。うーん、喜劇か喜劇に見える。

ゴールは本にすることではない。まして自分史の本を他人に配布するなどズレている。


強くなるために


自分史研究のゴールは、無能な自分を反省して学び強くなること。自分史研究は手段であり、ゴールは自身の成長と強化。

努力が、自分自身に帰結して、自分史研究はじめて価値があると思う。


  • (2017-09-27 12:43:03)
< | >AIに勝つ方法はあるのかな? >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]